金(ゴールド)にまつわる大吉夢は、現実だとちょっとあり得ないようなシチュエーションが多い!?

金(ゴールド)にまつわる大吉夢は、現実ではなかなかに難しい、でも実際に起きたらドキドキワクワクするような傾向の夢が多いのが特徴です。純金や美しい輝き、品の良い身に着け方などがポイントと言えるでしょう。

夢占いの意味を【夢鑑定士・睡眠コンサルタント】の麻生真礼さんに紹介してもらいます。

金にまつわる大吉夢:基本の意味&心理状態

夢占いで金(ゴールド)は、大きな富や成功、幸運などを表します。そのため金の夢には大吉夢もそれなりに多いのが特徴。

より純金に近く、数や重量が多い方が運気は上昇傾向と言えますが、品のない身に着け方をしていると見栄っ張りという意味合いになりますので要注意。

これまでの積み重ねが報われて、成果として手にできる意味合いも多いのが金の夢の特徴と言えるでしょう。

(広告の後にも続きます)

金塊を掘り当てる夢

砂金を見つけ出すだけでも大変なのに、金塊を掘り当てるなんて現実で考えるとどれだけ難しいかわかりますよね。そんな金塊を見事に掘り当てる夢は運気の上昇を表します。

これまで地道に積み重ねてきた努力が報われ、大きな成果として手にできることを意味する大吉夢!他人に『もうやめればいいのに』などと言われても、最後まであきらめずに頑張ったあなたの勝利です。その成功をきっかけに、他のものごとも良い方向へと進むようになるでしょう。

ただし成功しても、周囲の人への気遣いや感謝の気持ちは忘れないでくださいね。

金の杯を作る夢

金で杯(さかずき)を作る夢が印象的だったなら、金運が高まっていることを意味する大吉夢。こつこつ貯めるというよりは、思い切った投資や企画が大当たりして、一獲千金といったお金の入り方をしそうです。

ただし汗水たらして苦労して稼いだお金という実感がないからか、無駄遣いもしてしまいそう。入ったお金の使い方をよく考えて、貯金や自分も含めた家族のために活用してくださいね。

(広告の後にも続きます)

金箔の夢

現実ではあまり実物の金箔を見る機会はないかもしれませんが、金箔の夢が印象的だったなら、あなた自身や家族の慶事を意味する吉兆となります。出世や昇進、栄転、結婚、妊娠や出産といった喜びごとに恵まれる大吉夢と言えるでしょう。

金箔の添えられたお菓子や料理を見たり食べたりする、金箔を手に持っているような場合も慶事に恵まれたり、これまでの努力が認められて相応の評価を得たりすることを夢占いは教えてくれています。

金に囲まれて眠る夢

例えば金でできたベットに枕元には金細工のランプとコップ、天井からは金でできたシャンデリア、壁も金色の壁紙といった具合に、金や金色のものに囲まれて眠る夢は、金運や健康運が高まることを暗示。

心身の状態も良好で、経済的にも安定していることを意味する大吉夢と言えるでしょう。この機会にやってみたかったことや試してみたかったことにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。