キレやすい人にはなりたくないと思ってはいても、怒りを抑えられない時は人間誰しもありますよね。怒りをコントロールできるか否かは人間的な評価に関わってきますから、とても重要な問題です。

今回は、あなたがすぐキレるタイプか、それとも忍耐強いタイプかを診断する心理テストをご紹介します。

【診断テスト】

Q.あなたが怒りを覚えた時の心を模様にするとしたら、次のうちどれですか?

あまり深く考えず、直感を信じて選んでくださいね。

A:マーブル模様
B:幾何学模様
C:なみなみ模様
D:ジグザグ模様

A:マーブル模様と答えたあなた

マーブル模様と答えたあなたは、平均的なタイプです。

マーブル模様は、角になる部分がほとんどない模様です。そんなマーブル模様を選んだあなたは、平均的な怒りを持っている人物です。キレやすいということはありませんが、忍耐強いというほど怒りを抑えることも得意ではありません。攻撃的な感情を持ちづらい人物ですから、怒りを感じることが少ないため温厚に見えるのです。

そんなあなたですが、一度怒るとかなり後を引いてしまうタイプでもあります。怒り始めると感情が混乱し、自分がもはや何にイラついていたのか分からなくなってしまうことも。

気持ちが落ち着くまで怒り続けますから、一度怒らせると厄介な人物です。怒らないようにするためには、気持ちを整理して感情を落ち着かせることが大切です。

(広告の後にも続きます)

B:幾何学模様と答えたあなた

幾何学模様と答えたあなたは、忍耐強いタイプです。

幾何学模様は、数学の分野で発展した模様です。そんな幾何学模様を選んだあなたは、高い思考力を持っていて常に冷静な人物です。頭が良いため自分をコントロールすることも得意で、感情的になりづらく、キレることは殆どありません。怒りの感情を抱えても冷静に処理することができますから、忍耐強く見られるでしょう。

そんなあなたですが、一度怒ると極端な対応をとってしまうことがあります。怒りを抱いた相手を意図的に無視したり、関係を絶ってしまったりすることもあるでしょう。

あなたが怒りをあらわにした時は、積もり積もった問題が爆発した時でしかありません。それまでは怒りを我慢してきたからこそ、一度表面化すると極端な行動をしてしまうのです。

C:なみなみ模様と答えたあなた

なみなみ模様と答えたあなたは、キレやすいタイプです。

なみなみ模様は、水が波打つ様をイメージした模様です。そんななみなみ模様を選んだあなたは、感情の浮き沈みが激しい人物です。喜怒哀楽どの感情においても振り幅が激しく、どんな感情であっても素直に顔に出してしまいます。怒りを覚えた場合も感情を素直に表現しますから、キレやすいタイプと言えるでしょう。

そんなあなたですから、カッとなって怒っては後で後悔することが多いでしょう。その時の感情に任せて素直に表現してしまうため、怒られた方よりも激しく後悔してしまうのです。

あなたが怒らないようにするためには、気持ちをコントロールする力を鍛えることが大切です。怒りを覚えた時は3秒間深呼吸をすると心がリセットされますから、是非試してみてくださいね。

(広告の後にも続きます)

D:ジグザグ模様と答えたあなた

ジグザグ模様と答えたあなたは、すぐキレるタイプです。

ジグザグ模様は、角になる部分で構成された模様です。そんなジグザグ模様を選んだあなたは、角が立つことを恐れずに自己主張する人物です。怒りを覚えたらすぐキレてしまいますから、数分毎に怒っていると言っても過言ではありません。怒りを表現することを悪いとは思っておらず、自分の意見を発信しているだけと考えています。

そんなあなたですが、周囲からは取扱注意人物として認識されていることも。もし周りの対応がよそよそしく感じるのであれば、少しでも温厚に振る舞うことが大切です。

自分の意見を発信したいのであれば、感情に任せて発言しないことが重要です。怒りと一緒に発信することで誤解されてしまいますから、冷静に話をすると良いでしょう。

まとめ

キレやすいことを自覚している場合は、怒りを覚えたら3秒間我慢することを意識してみてください。3秒が過ぎる頃には気持ちが落ち着き、怒りをコントロールできるようになっているはずですよ。

The post 心理テスト【キレやすい診断】あなたはすぐキレるタイプ?!忍耐強い? first appeared on SPIBRE.