できる限り人には優しくしようと心がけていても、機嫌が悪くなってしまう時ってありますよね。機嫌が悪い時は、どんなに優しい人物であっても、自分本位になってしまうものです。

血液型によっては、機嫌が悪い時にどのような態度をするかに違いが出ますから、機嫌の悪さにも個性が出てきます。血液型ごとの違いを理解しておけば、自分が機嫌が悪くなる時だけでなく、相手の機嫌が悪い時にどうしたら良いかも分かってきます。

今回は、血液型ごとに機嫌が悪いときのパターンとその対処法をご紹介します。

【A型】機嫌が悪い時の行動パターン

A型が機嫌が悪い時の行動パターンは、無言になることです。

A型の人は、神経質な人物です。小さなことにも気が付くため、人間関係でストレスを抱えやすいタイプです。機嫌が悪くなると、誰にも合わせずピリピリしてしまうようになるでしょう。黙り始めたら、注意が必要です。

(広告の後にも続きます)

【A型】機嫌が悪い時の対処法

A型が機嫌が悪い時の対処法は、話を聞いてあげることが大切です。

A型の人は、不満を抱えこみやすい性質を持っています。A型の人が黙り込んでしまったらストレスを抱えているサインですから、話を聞き出してあげましょう。話しているうちに機嫌が直ります。

【B型】機嫌が悪い時の行動パターン

B型が機嫌が悪い時の行動パターンは、わがままになることです。

B型の人は、マイペースな人物です。元々周りに合わせることが苦手ですが、普段は努力を重ねています。そんなB型の人だからこそ、機嫌が悪くなると周りに合わせたり気を遣ったりすることができなくなってしまいますから、わがままになるでしょう。

(広告の後にも続きます)

【B型】機嫌が悪い時の対処法

B型が機嫌が悪い時の対処法は、甘やかしてあげることが大切です。

B型の人は、不機嫌になると子供っぽい一面を覗かせます。わがままな振る舞いに「幼稚だな」と呆れてしまっても、子供扱いをするように甘やかしてあげましょう。すぐに機嫌を直してくれるはずですよ。

【O型】機嫌が悪い時の行動パターン

O型が機嫌が悪い時の行動パターンは、大雑把になることです。

O型の人は、おおらかな人物です。おおらかでどのようなことでも受け入れるO型ですが、不機嫌になると元々の性質が悪く現れてしまいます。極端に大雑把になったら、O型の相手の機嫌が悪くなっている証拠です。