男性の理想とする恋愛相手でよく挙がるのが、「一緒にいて居心地がよくて、癒やしてくれる女性」ですよね。

でも「居心地がいい」と一言で言っても、いったいなにが居心地の良さなのかよくわからないという意見も。

そこで今回は、男性の12星座別に、どんな女性が居心地がいいと感じるのか、占ってみましょう。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)からうお座(2/19~3/20)をご紹介します。

てんびん座(9/23~10/23)

【センスがいい】

その場に応じたファッションをしてくれる女性に、居心地のよさを感じます。

自宅でまったりならセンスのいい部屋着、スポーツ観戦ならスポーティーカジュアルといった具合。

とくにてんびん座の彼が好きなブランドだと、ずっと眺めていたくなりそう。

(広告の後にも続きます)

さそり座(10/24~11/21)

【体の相性が良い】

ズバリ、体の相性が良い女性といるのが、一番居心地がいいと感じます。

シャンプーや香水など匂いからはじまり、ボディタッチレベルでも違和感がなく、フィットする女性がベスト。

体の相性が良いことが、一緒にいる大きな理由のひとつになるでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【刺激がある】

飽きっぽいいて座の彼は、引き出しがいっぱいある女性と一緒にいると、居心地がいいと感じます。

一緒にいる時間が長いとどうしてもマンネリ感が出るものですが、いて座はそれに耐えられません。

タイミングよく刺激を感じられる女性ならOKなのです。

(広告の後にも続きます)

やぎ座(12/22~1/19)

【ムダがない】

やらなければいけないことをちゃっちゃとすませてしまいたい、効率主義な傾向があるやぎ座の彼。

やることにムダのない女性と一緒に行動すると、とても居心地よく感じます。

女性にありがちな気まぐれが、やぎ座男性には無意味で非生産的と感じられるのです。

みずがめ座(1/20~2/18)

【情緒不安定にならない】

感情的な話し方をしない女性に居心地のよさを感じるでしょう。

みずがめ座男性は、女性にはヒステリックなところがあると思っていがちなので、そうでない女性にありがさたを感じるのです。

また、自分の友だち付き合いや人脈に口を出してこない女性もポイント高でしょう。