「あの人は一人でいたい人なのかも……」そう感じる人はいませんか?
周りから一匹狼だと思われがちな人の傾向は、じつは星座別に異なるのです。

この記事では、【12星座別】周りから一匹狼だと思われがちな星座ランキングの1位〜6位をお伝えします。

自分や友達、好きな人の星座は何位なのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

6位 おとめ座

なにかとひとりで頑張りがちなおとめ座。
「ひとりが好き」「一匹狼な気質」ということは決してないのですが、なにかに熱中して、気づいたらひとりになっていることも多いです。

そして、それをそこまで苦痛と思う人は少ないでしょう。
努力家で魅力ある人なので、その魅力が周囲に知れ渡った途端、多くの人に慕われるようになる可能性が高いです。

「ひとりの時間がほしい」と思ったときは素直に周りに伝えてみてください。
それくらいでは人が離れていかない魅力を、おとめ座の方はもっています。

(広告の後にも続きます)

5位 やぎ座

やぎ座はどっしりと構えているタイプであるため、一匹狼とまではいかずとも、周囲から「ひとりが好きそう」「ひとりでも大丈夫そう」と思われていることが多いです。

その結果、ひとりでいたいと思っていないときもひとりでいる、というタイミングがあるかもしれません。

ひとりがさみしいと感じたときや、刺激がほしいと感じたときは、周囲に自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。

きっとあなたの望む結果が得られます。

4位 かに座

「一匹狼」とまではいかないものの、ひとりで行動している印象をもたれがちなかに座。
友人は多くとも、常に他人と一定の距離を保っているタイプが多いようです。

それは周囲にも伝わっており、「優しいけれど、薄い膜のような壁を感じる」と思っている人もいるでしょう。

それでも人当たりがいい人が非常に多いため、他人の気分を害しているといったことはありません。

人付き合いが上手なタイプの星座です。

(広告の後にも続きます)

3位 ふたご座

ふたご座は、フレンドリーな空気を出しつつも、どこかで達観しているような性質をもっています。

そのため一定のタイミングで、周囲に「この人はひとりで行動したい人なんだ」「孤高の人だ」と感じさせることがあるでしょう。

普段はかなり社交的ですが、内に秘めたふたご座の性質が、周囲にそう思わせています。
ふたご座もまた、他人と適度な距離感を保って過ごしていけるタイプが多い星座といえそうです。

2位 さそり座

人知れず大きなチャレンジをしていることがあるさそり座。
決して「ひとりぼっち」ということはないのですが、挑戦するような場面では孤独であることが多いです。

その挑戦を周囲に伝えるとき、「ひとりで頑張るタイプなんだ」「孤高の人だ」という印象を与えるでしょう。

チームプレーよりも個人プレーで輝く性質をもちがちな星座だといえます。