気になる彼は、私のことどう思っているんだろう……。

そんな不安を抱える女性は、多いもの。

そこで今回は、男性の本音を解明するために、「好きな女性にだけすること」について、男性に聞いてみました!

自分の話をたくさんする

「好きな子には、『今日こんなことがあって~』って自分の話をポンポンしちゃう。

やっぱり、自分のことを分かってほしいって気持ちが働くんだよね」(27歳男性/飲食)

どうでもいい子や浮気相手には、余計な話をしてボロを出したくないもの。

そのため、気付いたら秘密主義になっているケースが多いようです。

対して、「自分のことを知ってほしい」「1番に話を聞いてほしい」と思う女性に対しては、男性はいろんな話をしたくなるようですよ♡

(広告の後にも続きます)

やたらと褒めてくれる

「好きな子には、やっぱり好かれたいから、たくさん褒めるようにしてます。

髪型を変えたり、かわいいアクセサリーをつけてたら『かわいい!』『似合ってる!』とか言っちゃう」(31歳男性/インフラ)

とにかく本命から好かれたい!という気持ちから、好きな女性に対して、褒め言葉が増える男性も多いようです。

また本命女性が弱っていたら元気づけるし、たとえ興味のない話でも頭ごなしに否定はしないでしょう。

全力で味方になってくれる

「彼女が交際前にチラッと『元カレには浮気されちゃったんだよね。私って魅力がないのかな』って言ったんです。

そのときは『そんなことないよ!』『元カレの見る目がなさすぎ!』と俺のほうが必死になっちゃいました。

その瞬間、『俺ってこの子が好きなんだな』って実感しました」(26歳男性/メーカー企画)

好きでもない女性に重い話をされたら、「面倒だな……」と思う男性は多いもの。

そんな素振りを見せず、むしろ全力で味方になってくれるなら、かなり本気度は高いでしょう。

「〇〇くんがいてくれてよかった」と感謝し、その彼との恋に目を向けてみるのもアリですよ。

(広告の後にも続きます)

好きな気持ちはあふれ出る

まだ告白に踏み切れなくても、大好き女性に対しては、「好きサイン」があふれ出ている男性も多いもの。

とくに今回ご紹介したポイントは、それが顕著に表れています。

もし女性側にも好意があれば、それを表に出してみるのもいいかもしれませんね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)