「好きとは言われるけど愛されているのか不安」と思ったことはありませんか?
今回はライクなのかラブなのか見分ける、男性の愛のある行動を4つご紹介します。

■厳しい意見は言うが否定しない

あなたのことを心の底から愛してくれる男性は、あなたが幸せになるために厳しい意見を言うことがあります。
しかし「だからお前はダメなんだ」「これだから女は…」と否定する言葉ではなく、正直な気持ちをまっすぐに伝えてくれます。
自分が幸せになるための厳しい意見ではなく、あなたを思って彼が正直に話してくれたときは、愛されている証拠なので素直に受け入れましょう。

■愛していると自然と長くなるスキンシップ

愛している女性とのスキンシップは無意識に長くなってしまいます。
キスやハグが長く丁寧であればあるほど愛されているといえるでしょう。
本命ではない女性とのスキンシップは、雑であることが多いです。
嫌がっているのに無理矢理スキンシップをしたり、逆にこちらがスキンシップを求めたときにタイミングが悪いと適当に済ませます。

■少しの時間でも会いたいと言ってくれる

男性は一つのことに集中したいタイプの人が多いため、仕事なら仕事、恋愛なら恋愛と同時進行できないこともあります。
しかし愛しているという気持ちがあふれると、たとえ忙しいときでも「一目でいいから会いたい」と思うようになります。
あなたを見るだけで癒されるからです。
「もっとゆっくり会えるときにしよう」と言ってくる男性は、本気度が低いのかもしれないですね。

■体調が悪いときに心配してくれる

体調を崩したときは彼の本気度を確かめるチャンスです。
愛しているのであればあなたの体調を第一に考え、本気で心配してくれます。
「好きだったら当たり前なのでは?」と思うかもしれませんが、彼女が体調を崩していてもデートを楽しむことに夢中になってしまう男性も多いのです。
体調不良のときに「今日はおうちでゆっくりしよう」「外でデートだったけど映画にする?」と気を使ってくれる男性の行動は愛のあるものといえます。
好きなだけでは愛のある行動は生まれません。
あなたの彼はどうでしたか?
(ハウコレ編集部)