人生では思わぬことが起こることがあります。精神的に辛くなったときには、最終的には自分で乗り越えていくしかありません。辛い気持ちを抑圧してしまうと、いつか自分自身が壊れてしまうかもしれません。

辛い時こそゆっくりと自分と向き合う時間をつくって、自分自身を癒していくとよいでしょう。自分と向き合うきっかけになる、辛い時に心が救われる名言をご紹介します。言葉によって気づきが得られて、精神的にもラクになることがあります。自分と向き合うきっかけにしてみましょう。

辛い時に心が救われる名言①パブロ・ピカソ

できると思えばできる。できないと思えばできない。これは、揺るぎない絶対法則である。

気持ち次第で、未来が変わっていきます。「できる」と信じて進んでいくことで、どんなに困難な状況でも突破口が見つかり、解決することができるでしょう。

「できない」と思うことで、「できない」ことしか見えなくなってしまいます。結果、諦めたり、途中で投げ出したりして「できない」状況に陥ってしまうでしょう。自分を信じてどんなときも「できる」と思うことが大切ですね。思いは今すぐにもつことができますよ。

(広告の後にも続きます)

辛い時に心が救われる名言②ゲーテ

自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。

自分を信じることで、自分の可能性を信じることができます。自分を信じるからこそ、どんなことでもできると思えるのでしょう。

自分を信じることを意識して、自分を信じることができるように、自分と向き合ってみるとよいでしょう。自分を信じることで、どんなときも前向きでいられ、充実した人生を送ることができるかもしれませんね。

辛い時に心が救われる名言③アンソニー・ロビンズ

自分が怖いと思っているところに焦点を当ててはいけない。自分が行きたいところに焦点を当てるんだ。

進むべき方向に焦点を当てていくことが大切です。焦点を当てたことが、自分の人生に引き寄せられてきます。怖れに焦点を合わせると、怖れに惹かれていることになります。

ネガティブな状況に焦点が合いそうになったときに、「自分はこの状況を引き寄せたいだろうか?」と問いかけることで、見たい方向に焦点を合わせるための軌道修正をすることができるでしょう。

(広告の後にも続きます)

辛い時に心が救われる名言④ロマン・ロラン

いつまでも続く不幸というものはない。じっと我慢するか、勇気を出して追い払うかのいずれかである。

辛い時はいつまでも辛い状況が続きそうで、真っ暗なトンネルの中にいるような感覚になることがあるでしょう。どんな辛いことでも、前を向いて進んでいくことで、光が見えてきます。

乗り越えたときには、今までとは違った成長した自分自身と出会えるでしょう。

辛い時に心が救われる名言⑤セルバンテス

流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。

流れに逆らおうとすると余計な力がかかって、余計に辛くなってしまいます。流れに身を任せていくことで、ゆっくりでも進んでいくことができます。

人生の流れを感じて、流れている方向に行くようにしましょう。人生の流れをいつも感じていると、スムーズに事が運んでいくかもしれませんね。