結婚にまつわる大吉夢は、自分自身が結婚するシチュエーションは少ない!?

結婚にまつわる大吉夢は、自分以外の人が結婚することを心から喜んでいたり、誰かの結婚式に招待されて出席したりする傾向の夢が多いのが特徴です。感情的にならず、常識的に振る舞う夢が多いと言えるでしょう。

夢占いの意味を【夢鑑定士・睡眠コンサルタント】の麻生真礼さんに紹介してもらいます。

結婚にまつわる大吉夢:基本の意味&心理状態

夢占いで結婚に関する大吉夢を見るときというのは、運気自体が好調である場合が多いようです。その中でも周囲の人との関係性が良好であることが、仕事や恋愛を順調にしていると言えるでしょう。

自分の結婚に関する夢は願望夢が多いのですが、招待されて出席する夢はそれなりに吉兆も。ものごとが順調に進む時期ですので、睡眠の質も良好と考えられます。

(広告の後にも続きます)

結婚を反対されてもあきらめない夢

家族や友人などから結婚を反対されてもあきらめない夢は、長い人生の中で負うべき義務や責任といったものを苦痛ではなく、当たり前のこととして受け入れ、乗り越えて行けるだけの力があなたに備わっていることを意味する大吉夢となります。

未婚の人が結婚指輪を見る夢

未婚の人が店頭などにディスプレイされている結婚指輪を見る夢は、夢占いでは恋愛運が高まっているサイン!願いごとがかなったり、告白されたりすることを表す大吉夢と言えるでしょう。

(広告の後にも続きます)

知らない人と結婚する夢

現実では面識のない、まったく知らない人と結婚する夢が印象的だったなら、運気が上昇している暗示。望んでいたものが手に入ることを意味する大吉夢となります。

またひとりの人間として、あるいは社会人としての責任をきちんと果たすことで、人間的な成長ができるでしょう。

上司と結婚してうれしい夢

職場の上司と結婚してうれしいと感じていた場合、夢占いでは仕事運が好調であることを表す大吉夢。

思った以上の成果を手にしたり、あなたの才能を見込んで大抜擢(だいばってき)を受けたりするかもしれませんね。