「ワガママ」と聞くと、ネガティブな印象を持つ女性も多いでしょう。

ただ「かわいいワガママ」ならば、要求を通せるうえ、彼からもっと愛され一石二鳥。

そこで今回は、「かわいいワガママ」と「だるいワガママ」の違いをご紹介します。

相手への気遣いがある

男性へお願いするには、付け加える言葉が大切です。

たとえば相手の状況を考えずに、思いついたから「今やって!お願い」と突然言ってしまう場合。

そうなると男性も「忙しいのにな……」と聞き入れる気にならないかもしれません。

そこで、「お願いしたいことがあるんだけど」と切り出した後がポイント。

お願いごとのあとに、「忙しいから、後回しでいいからね!」と相手を気遣うひと言を足してみて。

また、「ムリさせてごめんね」と言うのもアリ。

直接言う場合はもちろん、LINEでのお願いの際も、このひと言を入れるだけで印象が変わります。

そのため相手も、快く引き受けてくれるかもしれませんよ。

(広告の後にも続きます)

あなただけ、という特別感を出す

男性にお願いしたいとき、「誰でもいいからやってほしい」という投げやりな感じはNG。

そうなると「別に俺に頼まなくても……」と、彼のやる気が起こらないこともあるでしょう。

そのため「○○くんだからお願いしたい」「○○くんしか頼める人がいなくて」など、特別感を出してお願いするのがオススメ。

「あなただけ」という含みを持たせるだけで、男性も「俺にできることなら!」と喜んでやってあげたくなっちゃうはずです。

今度はそっちのお願い聞くからね

女性側からなにかお願いをしたら、「もし私にできることがあったら言ってね」と付け加えてみましょう。

これで男性は、「え、俺のお願いも聞いてくれるの?」「なにをお願いしようかな……」とドキドキするはずです。

そうなると、「なんでもするよ!」と前のめりになって、目のまえのお願いを叶えてあげようとするかも。

もし男性から無理なお願いが返ってきたら、「また今度ね」とはぐらかしてくださいね。

(広告の後にも続きます)

かわいいワガママは両者にメリットあり!

男性へのワガママに抵抗のある女性は、一言付け加えるなど工夫をするのがオススメ。

頼られた男性も嬉しく、要求が通った女性も嬉しい。

こんなふうに両者にメリットがありますから、ぜひ実践してみてくださいね。

(麻生アサ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)