社会に出ると嫌でも覚えなければならないことの一つに、メモの取り方があります。メモの取り方によってその人の性質や仕事力が決まりますが、それだけでなくその人の今後も左右してしまうのです。

今回は、メモした内容からあなたが将来遭遇する試練を診断する心理テストをご紹介します。

【診断テスト】

Q.取引先と電話をしている時に急いでとったメモが出てきました。何が書いてありましたか?

あまり深く考えず、直感を信じて選んでくださいね。

A:取引先の会社名だけ
B:担当者の個人名だけ
C:落書きだけ
D:謎の数字だけ

A:取引先の会社名だけと答えたあなた

取引先の会社名だけと答えたあなたは、うっかり癖を直すための試練に遭遇しそうです。

取引先との電話は、折り返しが必要な場合に電話や要件などの内容をメモにとる必要があります。そんな取引先との電話で会社名だけメモをとったあなたは、うっかりしていることが多いタイプです。物忘れが激しく大切なことほど忘れてしまいますから、うっかり癖を直すために将来厳しい試練が到来しそうです。

将来到来する試練を事前に回避するためには、うっかりミスの回数を減らすことが大切です。くどいぐらいに一つ一つ何度もミスがないか確認して、足りない部分やミスをつぶしていきましょう。

将来試練に遭遇してしまったとしても、その試練を乗り越えた先にはより良い未来が待っています。あなたの弱点を克服してより良くなることができますから、試練を受け入れてみても良さそうですよ。

(広告の後にも続きます)

B:担当者の個人名だけと答えたあなた

担当者の個人名だけと答えたあなたは、集中力を高めるための試練に遭遇しそうです。

取引先の電話において、用件や会社名だけでなく電話の相手が誰だったのかは重要なポイントですよね。しかし、取引先の担当者の名前だけ書いてあっても後で読み返した時に困惑してしまいます。どのような電話だったかが分からなくなりやすいメモは、集中力が切れやすい人の特徴的なメモの取り方です。

そんなあなたですから、近い将来集中力を鍛える必要性を覚えるような試練に遭遇することになるでしょう。自ら弱点に気が付くことができれば良いのですが、気付けない場合かなり手痛い思いをしてしまいそうです。

事前に試練を回避するためには、集中できる時間をできる限り長くする練習が有効です。更に優先順位や重要なポイントをしっかり抑えられるようになると、試練をより回避しやすくなるでしょう。

C:落書きだけと答えたあなた

落書きと答えたあなたは、大人になるための試練に遭遇しそうです。

取引先の電話は仕事における重要な電話の一つで、場合によっては要件を再確認する必要も出てきます。そんな取引先の電話で内容を無視して落書きをしているあなたは、まだ社会人としての自覚が薄いのかもしれません。大人として、社会人としての自覚を持つために、かなり手痛い試練が待っていることでしょう。

落書きだけをメモしたあなたは、四つの選択肢の中で最も重く辛い試練が近い将来に迫っています。周囲の人に強く叱られたり怒られたりするなど、今のあなたのままでは居られない出来事が起こりそうです。

試練を事前に回避するためには、自分の行動一つ一つに責任感を強く持つことが大切です。後で責められて説明を迫られてもしっかりと応えられるように、頭で考えて行動すると良いでしょう。

(広告の後にも続きます)

D:謎の数字だけと答えたあなた

謎の数字だけと答えたあなたは、対人関係にまつわる試練に遭遇しそうです。

取引先との電話のメモは、後で上司や同僚に伝える必要がある時のために残すものでもあります。そんなメモに解読不可能な数字だけを書いたあなたは、コミュニケーションが苦手なタイプなのかもしれません。人に伝えたいことがあってもどう伝えたら良いのか分からないなど、会話で努力する必要がありそうです。

そんなあなたは、将来コミュニケーション能力を試すような試練に遭遇する可能性があります。自分から話しかけることや、何を話したら良いのか分からない相手と話さないといけないような機会がありそうです。

コミュニケーション能力は、頭の中でイメージトレーニングをすれば良くなるものではありません。失敗も全ては経験ですから、恐れずに会話を楽しんで場数を踏むようにすると、恐ろしい試練を回避できるでしょう。

まとめ

既に社会に出ている人もそうでない人も、メモの取り方を覚えて損はありません。仕事が出来る人になって試練に遭遇しないように、正しいメモの取り方を身につけてくださいね。

The post 【メモ診断】メモした内容でわかる!あなたの将来遭遇する試練とは? first appeared on SPIBRE.