気になる男性と話すとき、つい緊張してうまく話せない……という方もいらっしゃるでしょう。

会話で簡単に使えて、彼から好印象を抱いてもらえるフレーズがあるのだとか。

今回は、男性の経験談をもとに、好印象な女性の発言を3つご紹介します。

会話が苦手な方はぜひチェックしてみてくださいね。

ささいなことでも「ありがとう」

「仕事を手伝った後輩から、『いつもありがとうございます。先輩のおかげで頑張れます』と言われて、思わずドキッとしちゃました。また助けてあげたくなっちゃいますよね」(30歳男性/メーカー)

感謝されたいからやっているわけではないことでも、お礼を言われると嬉しいですよね。

これは恋愛でも同じです。

「ありがとう」と言われていやな気持ちになる人はいないはず。

なにかしてもらったときには、きちんと「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

その場で言いそびれたときには、後日でもLINEででも、伝えることで男性は喜んでくれるはずですよ。

(広告の後にも続きます)

なにかと名前呼び「○○さん」

「異業種交流会で初めて会った女性に、○○さんと名前で呼びかけられて、とても親近感が湧きました。

一度自己紹介しただけなのに覚えてくれてたら、ちょっと特別な気持ちになりますよね」(28歳男性/金融)

自分の名前を覚えて、呼んでくれると嬉しく感じる人が多いのではないでしょうか。

男性も、とくに出会ったばかりの女性が相手だと、その人から名前を呼ばれ慣れていないのでドキッとするよう。

呼びかけるときに「○○さん」と言ったり、会話の途中で「○○くんのこれ」と言うようにしたり、意識すれば名前を呼ぶ機会はあるはず。

たくさん彼の名前を呼ぶようにしてくださいね。

相づちで「すごいね」

「食事会で隣になった子が、自分の話に対して『すごいね!』と笑顔で聞いてくれて、ついうれしくなって会話がはずんじゃいました。次は2人で会って話してみたいなと思います」(29歳男性/営業)

会話でとくに大切なのが、相づちです。

ただ「うん」「そうなんだ」と聞くこともできますが、男性の心をつかむには「すごいね!」を使うといいでしょう。

ほめられていやな気持ちになる人はいないはず。

絶妙なタイミングで「すごいね」と言うことで、話している男性は「もっと話したい」と思うようになることも。

「かっこいい」や「素敵」に抵抗がある人も、「すごいね」なら取り入れやすいのではないでしょうか。

(広告の後にも続きます)

上手に使いこなしたモノ勝ち!

気になる男性との会話では、思うように話せない人もいるでしょう。

この3つの短いフレーズをうまく使いこなすだけで、彼との距離が縮まるかもしれません。

できることから取り入れてみましょう。

(愛カツ編集部)