男性は、さまざまなときに「キスしたい」と感じるようです。

それを知っておけば、あなたがキスしたいときに役立つかもしれませんよ。

今回は、男性の経験談をもとに「彼女にキスしたくなる瞬間」をご紹介します。

「キスしたいけどうまく言い出せない……」という方はぜひ、チェックしてみてくださいね。

1:彼女をかわいいと感じたとき

「笑った顔や、仕草がかわいかったとき。外にいるときでも、人の目がなければ絶対キスしちゃいますね」(25歳男性/証券)

デートでは緊張して、なかなかリラックスできないという方もいるはず。

しかし、男性は女性の笑顔や楽しそうにしている様子を見ると、キスしたくなる人が多いようです。

そんな男性の心をくすぐるためにも、できるだけ自然体で臨むよう意識してみましょう。

(広告の後にも続きます)

2:見つめられたとき

「彼女と目が合って、じっと見つめられるとキスしたくなりますね。付き合ってからでも、そういうのはドキドキしますよ」(24歳男性/IT)

女性と目が合って、しばらくそのままの状態が続いたとき、「これってなにか求められてるのかな……?」と感じる男性がいるよう。

「とくに口元を見られるとキスを意識する」という男性もいたので、目をじっと見るのに抵抗がある方は口元を見つめるといいかもしれません。

じっと見つめることで、男性をドキドキさせましょう。

3:弱っている姿を見たとき

「なんか彼女が寂しそうに見えたときとか、弱ってそうに見えたときは放っておけない気分になりますね。

そういうときに甘えてこられるとグッときちゃいます」(30歳男性/メーカー)

男性は、好きな女性が弱っているのを見ると、「なんとかしてあげたい!」と感じる傾向があります。

その手段の一つとして、キスをしたくなることがあるのだとか。

いつも弱っている姿を見せるのは「面倒くさい」と思われるかもしれませんが、たまに見せる弱った姿にキュンとする男性は多いようです。

たまには弱い部分も見せてみるといいかもしれませんよ

(広告の後にも続きます)

彼女からの愛を実感したとき

「彼女と意見が食い違ったとき、よく話を聞いたら、僕に対してすごく深い愛情と思いやりを持ってることがわかって……。

ケンカになりそうだったのも忘れて、キスせずにはいられない気持ちになりました」(29歳男性/美容師)

男性は、彼女からの愛を感じたときに、キスをしたいと感じることがあるようです。

キスすることを、言葉以上の愛を伝える手段の一つだと考えているのでしょう。

ケンカしたときでも、きちんと話し合えばあなたの愛を実感し、仲直りのキスができるかもしれませんよ。

彼に愛を感じさせよう

男性は、彼女から愛を感じたタイミングでキスしたくなることが多いのだとか。

色っぽさやロマンチックなシチュエーションよりも、素直で愛らしい姿を見せることが、キスへの近道かもしれませんね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)