「腥い」が読める方は、最強漢字マスターといっても過言ではありません!
それぐらい難しい漢字なので、ヒントを出しましょう。

ヒントからあなたは正解に辿り着けるのか……難読漢字に挑んでみてください。

(1)ゴミを放置すると「腥い」状態になる

ヒントとしては、ゴミを放置するとどんな状態になるか考えてみてください。
あなたも言葉に出さずにはいられず、「腥い!」と叫んでいるはずです。

まだ答えを導き出すには、少し難易度が高いでしょうか。
では次のヒントでは、別の漢字の表わし方を説明します。

(広告の後にも続きます)

(2)別の漢字で「生臭い」とも書ける

じつは「腥い」は、別の漢字で「生臭い」とも書けます。
「生臭い」という漢字であれば、ほとんどの方が知っているのではないでしょうか。

これであなたも、きっと「腥い」という漢字を読めましたよね。
では、次でさっそく「腥い」の読み方について見ていきましょう。

(『広辞苑』より)

(3)「腥い」ってどう読むの?

「月」に「星」が組み合わさってできた漢字「腥」。
「生臭い」と同じ読み方と言われても、なんだか信じがたいですよね。

なぜなら、漢字から連想してもっと綺麗で、キラキラした読み方を推測してしまうから。
こんな素敵な漢字ですが、「腥い」の読み方は「なまぐさい」なのです。

推測とは対照的な読み方なので、少し覚えにくいかもしれませんね。
漢字の構成ではなく、「生臭い」とセットで覚えるようにしましょう。

(『広辞苑』より)

(広告の後にも続きます)

(4)「腥い」ってどんな意味になるの?

「腥い」には5つの意味があるので、順に説明していきます。
まず、「生魚や肉類のにおいがある」という意味があります。

次に「生血のにおいがある・生きた人間のにおいがする」という意味も。
さらに「僧として堕落している・俗っぽい」、「なまいきである」という意味があります。

そして最後に、「うさんである」という意味があるのです。
(『広辞苑』より)

「生臭い」なら読めますが、ヒント無しで「腥い」を読めたらスゴイです。
読めさえすれば、意味も大体わかるのではないでしょうか。

しかし意味については新しい発見もあったはず!
知らなかった意味については、ぜひ覚えておいてくださいね。

(恋愛jp編集部)