好きになればなるほど嫌われるのが怖くなり、空回りする男性は多いもの。
気遣っているつもりが、不自然な行動になっていることもあるのです。
そこで今回は、男性が大本命女性だけにする【不自然な気遣い】を4つご紹介します。

■目を合わせない

男性には気になる女性をつい目で追うクセがある一方で、大本命女性とは、目を合わせない傾向があります。
目が合いそうになると瞬間的に逸らして、好きな気持ちを悟られないようにするのです。
普段は恋愛に積極的でも、本気で好きな女性には奥手になるのでしょう。

■デートを早く終わらせようとする

何度もデートしているのに何の進展もないと「わたしのこと友達としてしか見てないのかな」と思いますよね。
でも男性は、好きな女性を気遣うあまり、デートを早めに切り上げることもあります。
彼女に飽きられるのではないかと不安になって、短時間で終わらせようとするのです。
頻繁に誘ってくるのに短時間のデートしかしてくれない男性は、あなたを好きすぎて慎重になっている可能性が高いですよ。

■自分からは連絡しない

「今忙しいかな」「もう寝ちゃったかな」といろいろなことを考えているうちに、結局連絡できなくなる男性も多いようです。
気を使いすぎて「やっぱりやめとこう」と思うのだとか…。
自分からは一切連絡せずに、彼女からの連絡を待つだけになるのです。

■あえて距離を取る

好きな人には近づきたくなるのが人間の本能ですが、本気好きだからこそ、近づけないこともあります。
彼女を意識しすぎて、近くにいるだけで変な汗が止まらなくなったり…。
遠くからこっそり見ている方が、居心地がいいと感じるのでしょう。
近づいてこないからといって、嫌われているとは限らないんですよ。
一見嫌われてるように感じる行動でも、好きだからこそしている可能性があります。
彼の行動をよく観察して、本音を探ってみてくださいね!
(ハウコレ編集部)