彼を信用していないわけじゃないけれど、連絡がつかない日が増えるとつい疑ってしまいがち。「ここに何か秘密が隠されているのでは……」とついスマホに手が伸びてしまう人もいるでしょう。でもコッソリ盗み見をしているからこそ、どんな内容であれ後ろめたい気持ちになるもの。そこで今回は「彼のスマホを見て後悔したエピソード」をご紹介します。

友達に悪口を言っていた

「ほんの出来心からLINEを見てしまったのですが、なんと友達に私の悪口を言っていた。『告られたから付き合っただけ』『尽くしてくれるんだけどぶっちゃけ重い(笑)』など、あまりにも酷い内容ばかりでした」(20代/受付)

▽ ラブラブだと思っていたのに、裏で悪口三昧はショックですよね。まさに「スマホなんか見なきゃよかった!」と思う瞬間でしょう。ただカッコつけているだけで彼の本心かわからないので、鵜呑みにしすぎてもよくないかも。

(広告の後にも続きます)

サプライズの相談をしていた

「最近彼がコソコソしているのが怪しくて。彼の寝ている隙にスマホを見たら、私の誕生日のサプライズを計画していた。もう一気に罪悪感に襲われました」(20代/住宅)

▽ 彼女を喜ばせようとサプライズを計画してくれていたなんて、うれしい反面、自分の心の汚さに落ち込みそう。「もう二度と彼を疑うのなんてやめよう」と思う瞬間でしょう。

浮気の証拠を見つけてしまった

「何だか怪しいと思ってスマホを見たら、職場の後輩と浮気をしていた。当初は『浮気をしていたら証拠を突きつけてやる!』と意気込んでいたのですが、いざ生々しいやりとりを見たらショックすぎて。彼と別れる勇気もなく、これなら知らないほうがよかったって思いました」(30代/一般事務)

▽ たとえ浮気の予感があっても、事実を知ってしまうとツラいもの。人間不信に陥ってしまい、今後どうしたらいいのかわからなくなりそうです。

(広告の後にも続きます)

元カノと連絡を取っていた

「元カノとLINEのやりとりをしていたこと。しかも私にバレないように、元カノの名前を男性にする細工までしていました。でも別れたら元カノに負けた気がするし……。どうしたらいいのか悩んでいます」(20代/福祉)

▽ ただでさえ元カノの存在ってイヤなのに、いまでも関わりがあると思うとさらに嫉妬してしまうもの。とはいえ、ここでスマホを見たことがバレたら、また元カノとヨリを戻されてしまうかも。彼に指摘できないからこそ、余計に悶々としそうです。

本当に仕事の連絡ばかりだった

「彼がやたら『忙しい』と言うので、実は浮気しているんじゃないかと思って。でもスマホを見たら本当に業務連絡ばかりだった。彼に申し訳なくなりました」(30代/経理)

▽ やたら「忙しい」を連呼されると、「でもLINEを返す時間くらいあるでしょ?」と思ってしまうもの。でも繁忙期になると、本当に寝る暇もないくらい忙しかったり……。「ウソをついていたわけじゃないんだな」と安堵すると同時に、彼を信用できない自分がイヤになりそうです。