たぶん両思いなのに、あと一歩お付き合いに至らない!

そんな悩みを抱えている女性も少なくありません。

ただ両思いといえども、なあなあの関係のまま時間が経てば、そのまま自然消滅……なんてケースもなくはない話。

そんなリスクを回避するためにも、今回は「彼との距離をもっと縮める方法」をご紹介します。

内緒話をする

彼との距離を縮めるために、あまり周りに知られていないようなヒミツを彼に話すというのは有効です。

そんな内緒話に「こんなこと話せるの○○くんだけ」と添えると、彼はより喜んでくれるかもしれません。

2人だけのヒミツを共有することにもなるので、彼のなかで「この子にとって僕は特別な存在なんだ」と感じやすく、お互いの心の距離はかなり近付くはずですよ。

(広告の後にも続きます)

共通の話題を作る

たとえば、彼の趣味が楽器なら「私もピアノ習いたいと思っててさ」と話題にするとか。

ほかには、彼が仕事で悩んでいるようなら「私も最近、仕事で失敗しちゃって……」と話すのもアリ。

こんなふうに、相手が共感できるような共通の話題について話すと、会話が盛りあがりやすくなります。

お互いに自身の気持ちを伝えあえるのが、理想ですよ。

遠回しに好意を伝える

両思いなら、どちらかが「好き」と言えばあっさり付き合えるはず。

それにもかかわらず恋が思うように進まないのは、お互いに引っ込み思案だったり、受け身で消極的だったりとなにか理由があるのでしょう。

そんなときは、彼に遠回しに好意を伝えるのがオススメです。

たとえば、レストランで彼と同じメニューを注文したり、彼のファッションを褒めたり……。

そんなことの積み重ねで、彼は「もしかして僕のこと好いてくれてるかも!」と両思いを確信するでしょう。

(広告の後にも続きます)

「好き」と言わなくても気持ちが伝わるかも!

今回ご紹介したようにストレートに「好き」と言わなくても、気持ちが伝わることだってあるのです。

とはいえ自分から話しかけたり、LINEを送ったりして、彼と関わろうという意欲があるほうが関係も進展しやすいはず。

大好きなしてだからこそ臆病になることもあるかもしれませんが、彼と恋人になるために上手に好意を伝えてくださいね!

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)