恋人同士のスキンシップは、多い方が仲は深まります。
触れ合うだけでも幸せな気分になりますが、男性がスキンシップで愛を感じる瞬間をたくさん作るともっとラブラブになれますよ。
今回は男性がスキンシップで愛を感じる瞬間を4つご紹介します。

■スキンシップ中に「好き」といわれたとき

キスやハグなどスキンシップ中に「好き」「愛している」と女性から言われたとき、男性はキュンキュンしてしまいます。
スキンシップ中のうれしい言葉は「もう一生離したくない!」という気持ちにさせるのです。
他にも「気持ちいい」「幸せ」といった言葉も男性にとってうれしいセリフです。

■スキンシップのおねだりをされたとき

キスが終わったと思ったら「もう一回しよ?」といってきたり、ハグして離れようとしたときに「まだもう少し一緒にいたい」とぎゅっと抱きしめてきたり、スキンシップのおねだりをされたときに男性は「愛されているな」と感じます。
スキンシップが物足りないときは遠慮せずにおねだりしてみるといいですよ。

■スキンシップ中に笑顔を見たとき

女性の笑顔は男性の癒しです。
スキンシップ中にうれしそうにする女性の笑顔を見たとき男性は「この子と一緒にいてよかったな」「これからもずっと一緒にいたいな」と思うのです。
スキンシップ中に目が合ったときは照れた顔ももちろんかわいいですが、ニコッと笑ってみてくださいね。

■辛いときに包み込むようなスキンシップをしてくれたとき

男性はプライドが高いので落ち込んでいてもなかなか口に出さないこともあります。
そんなときに根掘り葉掘り聞くのではなくただそばにいてくれたり、包み込むようなハグをしてくれたりと気遣ったスキンシップをされると「こんなに心配してくれる彼女がいて幸せだな」と男性は感じます。
聞き上手であることは大切ですが、男性が話したくない雰囲気のときは無理に聞き出さず、そっと寄り添ってあげましょう。
スキンシップで愛を感じる瞬間をたくさん提供して、ずっと一緒にいたい本命女性を目指しましょう!
(ハウコレ編集部)