アラフォーアラフィフでも年齢不詳で「美魔女」と呼ばれる人が増えてきました。しかし、中には自分のことを「若い」と思い込んで周囲から「痛いおばさんだな……」と思われている女性も……。

今回は、自分を「若い」と勘違いしている女性の特徴を解説します。当てはまるものが無いか要チェックです!

自分を「若い」と勘違いしている女性の特徴

20代に着ていた服を着ている

20代向けの服は、デザインや色味、サイズなど20代女性に合うように作られています。

「まだ着れるから」「年齢よりも若く見られるし……」「気に入ってるから」と40代、50代になっても着続けてしまうと、「あの人若作りしてる……」と見られかねません。

自分の年齢に合った服を着ている方が、好印象に見られやすいです。


言葉遣いが汚い

自分のことを若いと思いこんでしまっている女性は、言葉遣いも若者と同じようにしようとします。

「マジで?」「うぜぇ」「ありえねーし」などと、丁寧ではない言葉も発言してしまうため、周囲からは「言葉が汚いおばさん」として見られてしまいかねません。

若者の言葉に合わせようとせず、丁寧な言葉遣いをする方が「おばさん」ではなく「大人の女性」としてみられます。


ナチュラルメイクすぎる

「年齢の割に肌がきれいだから……」と、素材を活かすようなナチュラルメイクは「女を捨てている……」と思われかねません。

いくらスキンケアを頑張っていても、シワやシミ、くすみなど10代、20代の肌にはかなわないもの。

ナチュラルメイクが好きだとしても、血色感を与えるような、年齢を重ねた肌をカバーしてくれるメイクをするようにしましょう。


職場の後輩にあたりがキツイ

職場で部下や後輩など、若い人に対して指摘や指導をする時に、ついキツイ言葉になってしまっていませんか?

「本気で向き合っているからこそ、キツイ言葉になる!」と思っている人もいるとは思いますが、年齢が上というだけで、周囲は気を遣ってしまうものです。

部下や後輩が質問したくても「質問しにくい雰囲気だな……」と思っているかもしれません。

気を遣わせないように、人当たりが良い雰囲気を作っている方がいい関係性を築きやすいのです。


「何歳に見える?」と質問する

自分のことを若いと勘違いして「私何歳に見える?」と質問するのはNGです。聞かれた側からすると、「実年齢より若い年齢を答えてほしいのかな……」と考えていることがバレバレです。

本当に若く見られる女性なら、聞かれなくても「〇〇さんって本当に若いですよね」と言ってくるでしょう。

言われないのなら、年相応だということを自覚した方がいいでしょう。


(広告の後にも続きます)

おわりに

自分を「若い」と勘違いしている女性の特徴を解説しました。年齢にこだわらず、自分が一番綺麗に見える外見や行動、発言を心がけることが大切です。

今回解説した特徴に当てはまる場合は、一度自分自信を見つめ直すことをおすすめします。