交際前、もしくは付き合い初めのころはかわいくいようとするのは当然です。

だからこそ交際が長くなればなるほど、素の自分が出て来たときのギャップにおどろいたりされるもの。

それが自分では当たり前のことでも、彼からすると「あの頃の彼女は作り物だったのかな」と衝撃を受けることも……。

そこで今回は、男性が彼女に「ガッカリする」瞬間を3つご紹介します。

ネガティブすぎた

「俺が仕事で落ち込んでいたときに、いまの彼女が『○○君なら大丈夫だよ!』と元気づけてくれました。その俺にはない明るさに惹かれて付き合ったんだけれど、じつは彼女は俺以上にネガティブだったんです。

『どうせ私なんか好きじゃないんでしょ』とか言ってくるので、本当にめんどくさい!」(30歳男性/保険営業)

世間では「病んでいる女性はモテない」と言われているため、好きな人の前では無理にあかるく振る舞っていた人もいたはず。

でもいざ付き合いはじめると、だんだんとネガティブな本当の自分が見えてきます。

最初のうちは「いつもは元気なのに、よっぽどツラいことがあったんだな」とはげましてくれていた彼も、少しずつ「この子もしかしてただの構ってちゃん?」と面倒くさくなってきます。

結果、彼の愛情が少しずつ冷めていき、別れることが多いみたい。

(広告の後にも続きます)

見た目に気を遣わなくなった

「デートのときのファッションが、だんだん手抜きになってきた。最近では同じワンピースばかり着ているのが気になる」(33歳男性/美容師)

「すね毛がチクチクしてゲンナリ。昔はそんなことなかったのに!」(29歳男性/経理)

この辺は大目に見てもらいたいものですが……。

でも彼からするとやっぱり「いつまでもかわいくいてほしいな」と思うんでしょうね。

その方がきっと「俺を好きでいてくれている」との実感を得られるのでしょう。

3回に1回のデートでは彼好みのオシャレをするなど、無理のない範囲で頑張ってみると良いかも。

意味のないLINEが増えた

「昔は今日あった出来事なんかを送ってくれたのに、いまじゃスタンプで会話を進めようとしてくる。

それならLINEしなきゃいいのに、毎日送ってくるのが謎です……」(29歳男性/公務員)

長文が良いってわけではないのですが、とくに話すこともないのにやり取りを続けようとするところに疑問を感じるよう。

「昔の彼女ならもっと話題を考えてくれただろうな……」と思ってしまうようです。

つい彼に「何か面白い話してよ!」などといってしまう人がいたら気を付けるべきでしょう。

(広告の後にも続きます)

いつまでもラブラブでいるために

悪い変化は、彼に「好きかどうかわからない」と思われる要因に。

いつまでも「好き」をキープできるよう、気を付けるべきところには注意したいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)