義母との関わりはなにかと気を使うものですが、なかでも一番困ってしまうのが物をもらった時。たとえそれが贈り物としてくれたものでも、好みが合わなければ完全に不用品となってしまいます。
正直ありがた迷惑な、義母からの贈り物エピソードをご紹介します。

好みじゃない食品の詰め合わせ

「義母の家に行くと毎回なにかといただくのですが、正直全く食べることのない缶詰の詰め合わせはもらっても困りますね。好みじゃない食品とかありがた迷惑でしかありません。
まぁ旦那が好きなものではあるんですが、それもちょっとイラッとしますよね。なんとなくムカつくので、賞味期限が大丈夫そうなら幼稚園のバザーに出してます」(専業主婦・32歳)

▽ よかれと思ってくれたものなのでしょうが、好みじゃないものだと迷惑でしかありません。断るわけにもいかず、とりあえずもらうしかないですよね。

(広告の後にも続きます)

子どもの服

「義母からよく子どもの服が届くのですが、正直言って服の好みが違うのでいらないんですよね。しかも『服届いたかしら? 着てみたら写真送ってね』とLINEが来るので、とりあえず着せるしかないんです。非常に申し訳ないと思いつつ、近所のママ友にあげたりメルカリに出品しています」(パート・33歳)

▽ 子どもの服は好みがあるのであまりうれしくないプレゼントですよね。自分の親なら正直に話せますが、義母となるとなかなか言い出しにくいもの。ありがたいことをしてくれているだけに、モヤモヤが募ります。

100均のおもちゃ

「コロナ禍ということもあり直接会うことが難しいので、『孫たちにおもちゃを送った』と義母から連絡が来ました。おもちゃを買ってくれたなんてありがたいと思って楽しみに待っていたら、届いたのは100均のおもちゃ……。
いや、これならいつでも買えるし、わざわざ送料を出して送るほどのものじゃないし。子どもたちも微妙な反応でしたね」(パート・30歳)

▽ 100均のおもちゃもクオリティは高いですが、わざわざ送るほどのものではないですよね。反応に困るのも理解できます。

(広告の後にも続きます)

義母の写真入りマグカップ

「義母が旅行に行ったらしく、お土産が届きました。段ボールを開けてみると漬物やお菓子などが入っており、その中にはなにやら厳重に包まれた物が。開封してみるとなんと義母の写真入りマグカップでした。なにかの体験で作ったそうですが、これをいつどんなタイミングで使えと……? 心底いらないと思いましたね」(パート・36歳)

▽ これはさすがにいらないですね……。自分の顔写真入りのマグカップを、嫁が使うとでも思ったのでしょうか? もしこれを旦那が使っていたら、離婚を考えるかもしれませんね。

まとめ

義母からの贈り物はありがたいものもあれば、使い道がないものもあります。きっぱり断れるわけもなく、ただモヤモヤしてしまうだけですよね。リアクションにも困るので、なにもいらないのが嫁としての本音です。