アラサーからアラフォーにかけてが老け運命の分かれ目。

この年頃の女性は、一気におばさん化してしまう人と、変わらず若さをキープする人と二極化がハッキリとしてきます。

若さをキープする秘訣は、高級な化粧品でも、エステ通いでもありません。

お金をかけなくても、日々の生活習慣の積み重ねが、数年後の若さを作ります。

おば見えしないためのルーティーンをご紹介します。

食生活が健康

食べ物はあなたの体を作ります。
バランスの良い食生活は、特に肌ツヤに影響が如実に現れます。
朝イチで白湯を飲み新陳代謝を上げる。
朝ごはんは、ヨーグルトとフルーツ。
油は控えめ。
バランスの良い食事。
コンビニ食やインスタント食品は食べない。

(広告の後にも続きます)

ながら食べ禁止

食事の姿勢も大切です。
きちんと背筋を伸ばし「いただきます」と、ゆっくりと味わいながら食事を楽しむのです。
特に一人での食事ですと、ついテレビや携帯を見ながら食べてしまうこともあります。
おば見えしない生活習慣とは、生活の動作のひとつひとつを丁寧に行える姿勢。
それはエレガントな女性への第一歩になります。

運動習慣

適度な運動習慣は、健康な身体を保ちます。
痩せすぎず、太り過ぎずな体型こそが、脱オバ見えです。
多少、ふくよかな体型でも雰囲気が良ければ良いのです。
運動習慣があることで、健康なエネルギーも保てるようになるので、明るくほがらかスッキリとした雰囲気も保てるようになります。

(広告の後にも続きます)

日焼け止め

単純に肌ツヤが良いと若く見えますし、丸顔の方が童顔にも見えます。
童顔かどうかは生まれ持ったものですが、肌ツヤは日々の努力。
20代の頃から日焼け止めをしっかりとして、UV対策が完璧な女性の肌はやはり衰えが少ないのは確かです。
冬でも、日常生活で家の中にいるときにも紫外線は受けています。

寝る前の化粧落とし

日焼け止めは、老けない肌ツヤを作りますが、勿論、化粧落としも必須です。
酔っ払ってつい化粧落とし忘れて寝てしまうのは厳禁。