【1】個室で二人きりにならざるを得ない「カラオケ店」

「どうしても距離が近いし、他人の目がないから怖い」(10代女性)というように、個室で二人きりになるカラオケ店などの場所は、女性に身の危険を感じさせるようです。同様の理由で、密室で過ごすことになるドライブも、ある程度の信頼を獲得してから誘ったほうがいいでしょう。

(広告の後にも続きます)

【2】酔わせてどうしたいの?「オシャレ過ぎるバー」

「お酒と雰囲気に酔わせる狙いが見え見え。特に週末の夜は怪しい」(20代女性)というように、あまりにムーディーなお店への誘いも、女性を警戒させるようです。親しくなる前の段階なら、「食事」をメインにして、あまり気取らない店を選んだほうがよさそうです。

【3】ロマンチックすぎて普段は行かない「夜景スポット」

「嫌いじゃないけど、わざとらしさを感じて不安になります」(20代女性)というように、多くの女性が好む夜景デートも、その「本気さ」から不安に繋がるケースがあるようです。誘うなら、告白込みの勝負デートのときまでとっておきましょう。

(広告の後にも続きます)

【4】カップルが多いことで有名な「夜の公園」

「わざわざ通り抜けようとするの、何なの?」(10代女性)というように、カップルが集まる夜の公園も、不安を誘うスポットのようです。基本的に、「暗がり」や「人通りの少ない場所」に恐怖心を抱く女性は多いことを肝に銘じておきましょう。

【5】自力での帰宅手段がない「遠くの海岸」

「自分で帰れない場所には行きたくないです」(20代女性)というように、交通手段のない場所に連れて行かれるのは女性にとって気の休まらないことのようです。ドライブの行き先として「とりあえず海!」はありがちですが、遠方に行くほど女性を怖がらせていると心得ましょう。