好きな人となんとも思っていない人には、誰だって態度を多かれ少なかれ変化させるもの。
あの人が気になるけど、私のことはどう思っているのかな……と気になったら、男性ならではの態度の違いをチェックしておきましょう!

そこで今回は、男性の気になる人とそうでない人の態度の違いをまとめてみました!

(1)気になる人には自分から話しかける

男性は、基本的に気になる人には自分から話しかけることが多いです。
もちろん話しかけるのが苦手な奥手男子もいますが、なんだかんだ自分から積極的にアプローチしたいという人は多いもの。

そのため気になる彼から話しかけられることが多いときは、脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

(広告の後にも続きます)

(2)気になる人のことは積極的に心配する

男性は気になる人のことは、積極的に心配して気にかけるものです。
職場が同じなら仕事をサポートしたり、悩み相談に乗ったりすることも多いでしょう。

ですが残念ながら脈なしの場合は、かなりドライで頼まないと協力してくれない場合も多いのが特徴です。

(3)気になる人には自分のことを積極的に話す

男性は気になる人には、自分のことを積極的に話すのが特徴的。
それは何より、自分のことを知ってもらいたいというアピールの心理があるためです。

だからこそ逆になんとも思われていないときは、残念ながらこちらからしっかり聞かない限り話してくれないことが多いでしょう。

(広告の後にも続きます)

(4)気になる人にはLINEの返信がマメ

男性の態度の違いは、LINEの返信のマメさではっきりわかることも多いです。
男性は、気になる人にはかなりマメに連絡することが多く、自分からLINEすることもしばしば。

ですがなんとも思っていなければ、残念ながら返信ペースは遅く、ひどいときは既読スルーが続くこともあります。

気になる男性が脈ありかどうかは、男性の態度の違いに目を向ければすぐにわかりそうですよね。
彼の態度の違いを以上のポイントを見たうえでチェックして、恋愛成就のために活かしていきましょう!

(恋愛jp編集部)