職場などでよく目が合う人がいたりしませんか?

そういった男性はあなたに気がある男性である可能性が高いです。もちろんあなたに気になる男性がいて、ついつい見ては目が合ってしまう、ということもあるでしょう。

その男性と目があったときにさりげなくアプローチをかけることで、彼をどんどんその気にさせることができます。

これから紹介する方法の中にはちょっと勇気がいる方法もありますが、これができるようになるとあなたは恋愛上級者へレベルアップ!

騙されたと思って試してみてください。日常の中から恋を始めてみましょう。

恥ずかしそうな仕草をする

まずは比較的簡単な方法からご紹介します。

それは、目が合ったときにちょっと恥ずかしそうにはにかんでみること。恥ずかしそうな仕草をする女性に男性は弱いものです。

たとえば、下唇を噛んでうつむいてみたり、ちょっと口元を隠すような仕草や少し驚きの表情を見せ、目を逸らす仕草などがいいでしょう。

こうすることで「あれ、俺に気がある?」と男性に思わせ、あなたを意識させることができます。

また、この方法は男性が主導権を握りやすい展開なので、男性側から「今度、デート行こうよ」と誘いやすい展開に持ち込むことができます。

女性は待つ展開になりやすいので、奥手な人やテクニックに慣れていない人はこの方法がいいでしょう。

(広告の後にも続きます)

微笑みを返す

こちらも比較的行いやすい方法です。目が合った相手に微笑みを返してあげること。

職場などでよく目が合うという場合、それは男性からの脈アリサインである可能性があります。

目が合ったときに相手が慌ててそらす場合、それは「見ていたことが気づかれたくない」「好きであることがバレたくない」と思っているから。

その警戒心を解くために目が合ったときは笑顔を見せてあげることをおすすめします。

例えば、パッと目が合ったときにニコッと笑ってあげる。それだけでも十分です。

一歩進んだテクニックとしては、目が合ってそらしてきたら「今、見てませんでした~?」といった感じで笑顔で話し掛けてみましょう。

自分はあなたを受け入れますよ、という姿勢を見せることで、男性の心も次第に開いてくるはず。

相手の目を見つめ返す

ここからは一歩進んだ方法をご紹介します。それは、相手の目を見つめ返すという方法です。

目が合ったときに反射的にそらしてしまうかもしれませんが、それはもったいない行為。

ちなみに、海外の論文では2分間、お互いに見つめ合った異性は相手を好きになる可能性を示しています。

これを応用して、目が合った相手の目をそのまま見つめるのです。そのときに笑顔を見せられれば尚よし。

さすがに2分間も見つめ合うのはむずかしいですが、ちょっと長めに見つめ合うことで、相手に好意を持ってもらう可能性が高まります。

(広告の後にも続きます)

メッセージを送る

ハードルは高いですが、目があったときに口パクでメッセージを送ることも効果的です。

目が合ったときに口パクで「何してるの?」とメッセージを送ってみましょう。

こうすることで、2人だけの秘密のやり取りをしていた、と相手に思わせることができます。秘密の共有は恋愛にはとても効果的で、一気に男性の心は動くはず。

もっと積極的にメッセージを送るなら、「今日は暇?」とか「週末空いてる?」と口パクでメッセージを送ってみましょう。

もしうまく伝わらなかったとしても、「あのとき、なんて言ってたの?」と聞きに来ることもあるため、さらなるコミュニケーションのきっかけにもなります。

あなたからの好意を伝える手段としても

男性と目があったとき、それは恋愛における貴重なチャンスでもあります。

自分が好意を持っている男性と目が合ったときでも、お伝えしたテクニックは非常に有効です。

目が合ったときに少しだけ遊び心を持ってやり取りするだけで、相手とグッと近づくことができます。

仕事中などでふと男性と目が合ったときも、もし好きな人と目があったときにも積極的に試してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)