top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

国家公務員の現実は…35歳で年収750万円、残業は月200時間

SmartFLASH

 

「もはや官僚はエリートではありません」
 近著『没落するキャリア官僚~エリート性の研究』で官僚の現状を考察した神戸学院大学現代社会学部の中野雅至教授が言いきる。

 

 日本最高の頭脳を持つエリート集団。そんな官僚像は変わりつつあるというのだ。自らも厚生労働省に在籍していた中野教授が続ける。

 

広告の後にも続きます

「かつては東大法学部から国家公務員I種試験に合格して官僚になるのがエリートコースでした。しかし、バブルが弾けてから官僚志望者は激減し、農林水産省で初めて東大法学部卒がゼロになる年が出てきたんです」(中野教授)  

 

 

 学歴エリートが官僚を目指さなくなった理由はいろいろ挙げられる。まずは、過酷ともいえる長時間労働だ。現役官僚の声を聞こう。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル