top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【SDGs実践編】撥水加工から有害化学物質を除去! KEENが環境負荷の低減を目指し世界中に「PFCフリー」の技術を公開

J-CAST会社ウォッチ

世界規模で地球について考える「アースデイ」にあたる2021年4月22日を前に、03年創業で、汎用性があるオリジナルな商品で人気のアウトドア・シューズブランド「KEEN(キーン)」 (米オレゴン州ポートランド)が、地球環境や人々の健康への負荷を低減するため、有害化学物質である「PFCs」を排除する「PFCフリー」のソリューションを1日、一般公開した。

アウトドア・シューズ業界が、2025年までに「PFCs」の排除を達成するのが目的。KEENは次世代に豊かな自然環境を残していくため、2012年から「Detox the Planet イニシアティブ」をスタート。サプライチェーンから「PFCs」を特定、除去し、それらを安全かつ効果的な他の手段に置き換えた環境負荷を最小限にした製品づくりに、積極的に取り組んでいる。

約5000種類ものフッ素化合物が地球環境や健康に害を及ぼす

KEENは地球環境について考え、共にアクションを起こして地球をデトックスする「Detox the Planet月間」を、2021年4月に実施。その第1弾として、シューズの撥水加工プロセスから、環境や健康に害を及ぼす有害化学物質である「PFCs」を排除する「PFCフリー」のシューズの製造過程として、GREEN PAPERを一般公開した。

撥水加工は、アウトドア業界では欠かすことのできない技術で、シューズでも多くの製品に採用されている。その撥水加工に一般的に使用されているPFCs(パーフルオロアルキル物質およびポリフルオロアルキル物質)といわれる、約5000種類ものフッ素化合物の総称で、自然界で分解されにくいことから「フォーエバーケミカル(永遠の化学物質)」とも呼ばれ ている。

現在では、ファストフードの包装紙や飲料水から、アウトドアウェアやシューズに一般的に使われている家具や調理器具などの耐久撥水加工まで、あらゆるものに含まれている。

広告の後にも続きます

PFCsが厄介なのは、それらに定着し続けるのではなく、多くの場合は汚染された水や廃棄物、また化学物質や部品、完成品の使用を通じて少しずつ環境の中に排出され、かつ容易に拡散していくことにある。

PFCsはその耐性の高さゆえに、ひと度環境中に排出されても分解されにくく、さらには地球環境や人の健康に害を及ぼすことがわかっているという。

非営利の広報・啓蒙団体である環境ワーキンググループが今年1月、SCIENTIFIC AMERICAN誌に掲載した研究によると、「これらのPFCsが自然界で分解されるには、数百年、あるいは数千年かかることすらある。また、体内に蓄積されて健康被害を引き起こす可能性もある」と指摘した。

一日も早い「PFCフリー」実現に、KEENの技術を共有して!

そうしたなか、KEENは部品や材料で不必要に使用されているPFCsを、2014年から特定、除去してきた。具体的には、最小部品に至るまで、すべての仕様書を完全に精査してベンダーやパートナーの協力のもと、最初の1年でサプライチェーン内から約 65%のPFCsを速やかに除去。残りの35%はさらに3年、約1万時間という膨大な時間とリソースを投入してPFCsを用いない、安全で効果的、かつ現実的な撥水ソリューションを開発した。

2014年に「PFCフリー」の取り組みを開始。KEENでは、撥水加工のPFCsの代わりに、Rudolfと3Mの大手化学メーカー2社から、PFCsを含まない安全で効果的なDWR(耐久性撥水)処理剤を「グリーン・オルタナティブ」として調達している。

これにより、2018年以降に製造したKEENのシューズは、自信を持って「PFCフリー」と言えるようになったという。


  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル