top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竹内涼真「来年仮面ライダーになれたらいいな~、なんて」尋常じゃない思い込みに伊集院光「な、なんか…ムカつく!」

COCONUTS

毎週月曜から木曜、午前8時30時から11時放送のTBSラジオ「伊集院光とらじおと」。4月22日の放送では、俳優の竹内涼真さんがゲストに登場。竹内さんが芸能界入りした当時の心境が明かされ、話題となりました。

(画像:時事)

■サッカーを諦めて俳優に…竹内「すごく前向きだった」

広告の後にも続きます

幼い頃からサッカーをやっていた竹内さんは、高校時代に東京ヴェルディユースに所属するほどサッカーに打ち込んでいたのだとか。

当時の状況について、竹内さんは「全然試合に出れなくて」と語り、サッカー推薦で大学に進学した時も「どっかで諦めてたんですよ。就活をしないと、と思って」と、周囲とは違う道を選び始めたと明かしました。

「20歳前に、仕事どうしようかな~って考えた時に、俳優かな~ってたまたま閃いたというか」と語る竹内さん。

そこで伊集院さんが、「(今までは)サッカー以外の事は遮断してやらなきゃいけない世界でしょ? ずっとやってて、これないなと思って、次いよいよ決まった第2希望で、すんなりいったの?」と質問します。

竹内さんは、「1回僕の中で、もう16、7年やってきたものを辞めてるので。すごく前向きだったんですよ」と明かし、「何年もやってると、『これが怖いな』とか邪念とか出てくるじゃないですか。まっさらな状態で、すごく前向きな状態でオーディション探して、『これに受かれば事務所からスカウトしてもらえるんだ』って。結構思い込みがすごくて」と語りました。

■竹内「来年仮面ライダーになれたらいいな~、なんて」尋常じゃない思い込みに伊集院「な、なんか…ムカつく!」

さらに、「(オーディションの)賞金が100万円だったんですけど。100万円獲って、親を説得して、事務所に入って、来年仮面ライダーになれたらいいな~、なんて自分で思い込みをしてたんですよ。そしたら、その通りになったんです」と、”思い込み”の強さを明かす竹内さん。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル