top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『逃げた女』公開記念で、観るとクセになるホン・サンス作品群を一堂に集めた特集「HONG SANGSOO RETROSPECTIVE 12 色のホン・サンス」開催決定!

cinefil

2020 年ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督)賞に輝いた名匠ホン・ サンス監督の 24 作目『逃げた女』(英題:THE WOMAN WHO RAN )が、2021 年 6 月11日(金)よりヒュー マントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、アップリンク吉 祥寺ほか全国順次公開となります。
公私にわたるパートナーであり、『お嬢さん』(パク・チャヌク監督作)で強烈な印象を残した女優キム・ミニとの7度目のタッグとなる話題作です。

2021 年ベルリン国際映画祭では、最新作『INTRODUCTION』が銀熊賞(脚本)賞を受賞し、2 年連続して銀熊賞受賞に輝く快挙を果たしたホン・サンス監督は、世界的に注目を集める韓国映画界において、ひときわ特異な存在感を放ち続ける映画作家。96 年に 『豚が井戸に落ちた日』でデビューして以来、時流に惑わされることなく悠々と我が道を歩くことで国際的な評価を確立してき た。初期の『オー!スジョン』、『気まぐれな唇』、そして初のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品を果たした『女は男の未来だ』の頃から、男女の恋愛を会話形式で描くその独創的なスタイルが“韓国のゴダール”、“エリック・ロメールの弟子”と称され、作品を発表するたびにカンヌ、ベルリン、ヴェネチアといった 主要な国際映画祭で常に絶賛を博し続けている。

このたび、『逃げた女』の公開を記念して、名匠ホン・サンス監督特集上映、「HONG SANGSOO RETROSPECTIVE 12 色のホン・サンス」の開催が決定いたしました。
今回の上映が日本最終上映となる4作品『よく知りもしないくせに』『ハハハ』『教授とわたし、そして映画』『次の朝は他人』、フランスの大女優イザベル・ユペールとの初コラボレーション『3人のアンヌ』、ジェーン・バーキンのカメオ出演も注目の『へウォンの恋愛日記』、韓国で大ヒットした『ソニはご機嫌ななめ』、対談で意気投合した加瀬亮を主演に迎えた『自由が丘で』、キム・ミニとの記念すべき初タッグ作『正しい日 間違えた日』、キム・ミニが韓国人俳優として初めてベルリン国際映画祭銀熊(主演女優)賞受賞という快挙に輝いた『夜の浜辺でひとり』、第 70 回カンヌ国際映画祭に2作品招かれたことでも話題となった『クレアのカメラ』と『それから』まで、全 12 作品を、5/14(金) -6/10(木)に、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺にて連続上映いたします。
さらに、6/12(土)からユーロスペースで開催される特集上映「作家主義 ホン・サンス」では、貴重な初期2本 『カンウォンドのチカラ』(98)『オー!スジョン』(00)(配給:A PEOPLE CINEMA エーピープルシネマ)が 連続上映されます。 どこにでもいる男女の戯れごとのようなやりとり、一見たわいのない会話をカメラに収めるホン・サンスの映像世界は、恋愛の真理、さらには人間や人生の本質をユーモアと詩情豊かな独自のスタイルで見せてくれる至福の映画体験。観るとクセになるホン・サンスを、この機会に一挙に体験して欲しい。

上映作品

『よく知りもしないくせに』★
2009年/126分/カラー/Blu-ray

広告の後にも続きます

『ハハハ』★
2010年/116分/カラー/Blu-ray

『教授とわたし、そして映画』★
2010年/80分/カラー/Blu-ray

『次の朝は他人』★
2011年/79分/モノクロ/Blu-ray

『3人のアンヌ』
2012年/89分/カラー/Blu-ray

『へウォンの恋愛日記』
2013年/90分/カラー/Blu-ray

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル