top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車両保険は災害補償も要確認!地震・台風は補償される?

防災ニッポン

自然災害は毎年のように各地で発生しています。自家用車が災害で傷が付いたり、壊れたりすることは、だれにでも起こりうるでしょう。その場合、加入している車両保険で、修理費用などが補償されることがあります。車両保険は、交通事故に限らず、災害で車に損害が生じた場合にも大きな支出の回避に役立つ可能性があるのです。

この記事では災害による損害の具体的な事例を見ながら、車両保険で補償されるのかどうか、ポイントはどこにあるのかなどを説明します。

車の被災時に保険で補償されるには

車両保険は偶然の事故により自動車が損害を受けた場合に補償するものです。また、被災といっても自然災害には種別があります。地震・津波・噴火による損害が補償対象かどうか、結論を最初に申し上げると、全体の損害額が大きく、保険料の設定が困難であるため、一般的な車両保険では補償範囲となっていません。

ところが、付けている特約によって補償対象になることがあります。被災時に補償対象になるかどうかは「特約」次第ということになります。また、台風や浸水被害の場合は車両保険で補償対象になります。
つまり補償対象かどうかは、災害の種別と特約で大きく異なってくるのです。

車両保険と自動車保険

また整理しておきますが、一般的に言われる自動車保険は、「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「人身傷害保険」により構成されており、自身の車は補償対象に入っていません。自身の車の補償は別途、車両保険を契約する必要があります。

広告の後にも続きます

では、ここから災害別に具体的にみていきましょう。

Case1 地震で落ちてきた瓦で車が壊れた!

一般的に、地震の発生により屋根瓦が落ちてきたことで車が壊れた場合には、前述の通り車両保険では補償されません。全体の損害額が大きく保険料の設定が困難なためです。同じ瓦による車の破損でも、台風や竜巻などの強風による場合は車両保険で補償されます。

地震で補償対象になるのは、地震などによる「車両全損時一時金特約」を契約している場合です。地震により車両が全損した時には、一時金(50万円程度を限度)が支払われます。

Case2 豪雨で車が浸水!

近年、台風や局地的・短時間の豪雨により河川などが氾濫する災害が多くなってきました。豪雨により車が浸水した場合は、車両保険で補償されます。

車両保険には、火災や盗難など「一般的な補償内容をカバーした車両保険」と火災は補償するけど盗難は補償しない、といった「補償範囲を限定し保険料を抑えた車両保険」がありますが、双方とも豪雨で車が浸水した場合には補償されます。補償金額は保険会社ごと、保険商品ごとに異なりますので保険証券等を確認してみましょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル