top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

実用性あるの? 餃子の街・蒲田「御三家餃子」の超リアル餃子トレーを町工場が発売

ガジェット通信

東京・蒲田といえば、知る人ぞ知る餃子の街。中でも「御三家」と呼ばれる名店3店は、蒲田のレジェンドだが、この3店の餃子をリアルに形どった食品用トレーが蒲田の町工場から発売されて話題となっている。

題して「“餃子の街蒲田御三家”超リアル餃子トレー」。製造・販売するのは、蒲田本町に本社を構える町工場、株式会社城南村田だ。

この城南村田は以前にも「おじさんの手がきゅんポーズをするのをリアルに再現したチョコトレー」を発売し、気持ち悪がられながらも世間をザワつかせたことはすでにお伝えした。

一体誰が買うの? 蒲田の町工場が作った「斜め上すぎるホワイトデーグッズ」とは?
https://getnews.jp/archives/2953430[リンク]

今回は「餃子の超リアルなトレー」という、恐らくこれまで誰も挑戦しなかった(というか、挑戦しようともしなかった)謎の課題に挑んだわけだが、城南村田いわく「町工場の威信をかけて、技術の総力を結集して製作に臨んだ」というその製造過程が、なかなかスゴイので取材し、全容を明らかにしてみた。

工程1:餃子をひっそりテイクアウトして冷凍

広告の後にも続きます

プロジェクトが始動したのは、なんと去年の年末。城南村田の社内に秘密裏に結成された“面白トレー開発委員会”が、とある夕暮れに、蒲田御三家の餃子をこっそりテイクアウトし、冷凍。
凍らせることによって餃子の形状を安定させることから“超リアル餃子トレー”の製造工程は始まったのだという。

工程2:餃子を3Dスキャンして3Dデータ化

冷凍した餃子には、まず石灰スプレーを吹き付ける。こうすることによって、餃子をスキャンしやすくするのだという。

餃子はひとつずつ、設計担当者の手によって3Dスキャンされる。餃子を乗せた回転台を少しずつ回し、あらゆる方向からスキャンしていくことによってデータ化されていく。

この3Dデータを基に図面を設計し、いよいよ原型の製作に進むのだ。

工程3:マシニングセンタでケミカルウッドを切削

図面を元に、マシニングセンタにセットされたケミカルウッド(人工木材)を切削していくと……。

およそ半日で真空成型用の原型がおおよそ出来上がる。しかしまだ完成ではない。

工程4:木型師が細かい調整を行い原型完成

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル