top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

検閲にも耐えた、その類稀なる言語の誕生 35 周年記念!映画『クー!キン・ザ・ザ』本編から選りすぐりの「クー!」41 連発映像が解禁!

cinefil

世界中の一部で熱狂的な人気を誇るソ連製脱力映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』を、ゲオルギー・ダネリヤ監督自らアニメ化した映画『クー!キン・ザ・ザ』が 5 月 14 日より日本初公開となりますが、この度、映画を象徴する言葉「クー!」の開発(誕生)35 周年を記念致しまして、その言葉を発する場面を 41 連発で抜粋した特別動画を公開いたします。

© CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

「キン・ザ・ザ」と言えばこの言葉「クー」。1986 年に製作された実写版映画である『不思議惑星キン・ザ・ザ』 に登場し、最初は意味不明ながらも、子供から大人まで誰もが真似しやすいこともあり、映画の舞台となるキン・ ザ・ザ星雲プリュク星を象徴する言葉として広く知られている。
キン・ザ・ザ星雲プリュク星には「キュー」という相手を罵倒する言葉があるが、それ以外の名詞、動詞、形容詞、副詞、感嘆詞などはすべて「ク ー」で表される。我々人類における「YES」「NO」を遥かに凌駕する機能を有し、挨拶もすべて「クー」だ。目上の人には必ず「クー」でお辞儀が 礼儀。この度公開となるアニメ版、『クー!キン・ザ・ザ』も実写版を踏襲、チジョフとトリクの 2 人の主人公やさまざまな形容の宇宙人やロボットも「クー」を連発してコミュニケーションをとる。 この「クー」を開発時にはほかに候補として「キュー」のほかに「ケー」や「カー」もあったというが、 ゲオルギー・ダネリヤ監督は政府の検閲により「クー」が消滅の危機に瀕したエピソードを残している。

© CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

「検閲によって、“クー”も消滅の危機に晒されそうになった。当時の最高指導者ブレジネフの葬儀 の後に、重要な「クー」という単語を、急遽、別の言葉に替えなければならなくなりそうだった。あ る日、「プラヴダ」紙を見ると一面には、「K.U.チェルネンコ」の名が太字でいくつも印刷されてい た。これはブレジネフの後継者としてコンスタンチン・ウスチノフ・チェルネンコが任命されたとい
う報道であった。プリュク星では「クー(KU)」が全てを意味して繰り返し使われていた。我々は考 えた。「カー」? いや違う!「コー」? 違う! 「クィ」? ありかも…。しかし、いずれも馴 染みの「クー」には劣る。考えているうちにチェルネンコも亡くなった。その後を受け継いだアンド ロポフ政権は我々の仕事に全く影響しなかった」

広告の後にも続きます

© CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

そんな涙ぐましい努力によって生み出された「クー」。人類は常に利便性を追求して進化してきました が、もしかすると未来では様々な言語が集約されて「クー」同様最小限の言葉で深いコミュニケーショ ンをとる状況になるかもしれず、その観点からいえば「クー」は人類を数百年、数千年先取りしたものともいえます。さらに想像すれば「クー」の先にあるのは言語消滅、テレパシーしかありません。『不思議惑星キン・ザ・ザ』の制作から 35 年。 そんな優れた言葉「クー」の特別動画(動画の最後には「キン・ザ・ザ」ファンが驚く仕掛けがあります)に散りばめられた様々な「クー」の真意を我々は読み取ることができますでしょうか?ぜひ他に類をみない映画史上唯一無二の開発ともいえる「クー」を再びご確認ください!

【映画『クー!キン・ザ・ザ』】選りすぐり「クー!」41連発映像

著名なチェリストのチジョフと DJ 志望の青年トリクは、雪に覆われたモスクワの大通りで裸足の宇宙人と遭遇する。そして思いがけずキン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクにワープしてしまう。そこは見渡す限りの砂漠に覆われ、身に着けるズボンの色によって階級が分かれた場所だった。ほとんど「クー!」(名詞・形容詞・副詞・感嘆詞など)しか言葉が存在しない異星人たちを相手に地球に帰ろうと 2 人は奮闘を始めるのだった。

監督 ゲオルギー・ダネリヤ(『不思議惑星キン・ザ・ザ』)
音楽 ギア・カンチェリ
共同監督 タチアナ・イリイナ
声の出演  ニコライ・グベンコ、イワン・ツェフミストレンコ、アンドレイ・レオノフ .
ロシア/2013 年/ロシア語/92 分 英題:Ku! Kin-dza-dza
提供 パンドラ、キングレコード
配給 パンドラ
© CTB Film Company、Ugra-Film Company、PKTRM Rhythm

5/14(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル