top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三菱 次期型ランエボの予想CGを入手!最新グリル採用の高級スポーツに?

MOBY

これが次期型エボ11?予想CGを入手

制作したのはデザイナーのRain Prisk氏。

次期型の開発が期待されている三菱のスポーツセダン、「ランサーエボリューション」の最新予想CGを入手しました。

予想CGの車両は、近年の三菱車に積極的に採用されているフロントデザイン「ダイナミックシールド」を備え、クーペのようなルーフライン、新設計の大型リアウィングがスポーティな雰囲気を演出しています。

ボディは2015年に生産終了した「ランサーエボリューション X」よりも長く低いシルエットをしており、スバル「WRX STI」を大型化させたようなスタイル。

細くシャープなLEDヘッドライト、大きなインタークーラーを露出させた黒いグリルを装備、ボンネットには2つのエアエクストラクターを備えています。さらにヘッドライト横にエアインテークを追加することで冷却性能が高められているようです。

再び!日産新型フェアレディZ「400Z」上位グレードの内外装がリーク

プラットフォームは次期型メガーヌRSと共有か

メガーヌR.S. トロフィーS(2021年)
メガーヌR.S. トロフィーS(2021年)

もし次期型が登場する場合、プラットフォームにはルノー・日産・三菱アライアンスによって開発される「CMF-C/D F4」を採用し、「次期型メガーヌRS」とコンポーネントを共有する可能性があります。

広告の後にも続きます

パワートレインは、最高出力341PS、最大トルク433N・mを発生するする2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン+48マイルドハイブリッドシステムなどが期待されます。

三菱GTO復活新型「4000GT」が登場か!デザイン予想CGを入手

新型ランエボ11は高級スポーツ路線に?

ランサーエボリューション ファイナルエディション (2015年)の走行イメージ

日産 GT-Rがスカイラインベースから独立したように、新型ランエボも完全な独立スポーツモデルになる可能性も考えられます。その場合、先代とは異なり高級スポーツ路線にシフトするでしょう。

多額の開発費の投入が予想され、開発費分を回収するためにも、車両価格の値上げは必然と思われます。車両価格は最低でも500万円以上になるのではないでしょうか。

ホンダが「プロローグ」という車名を商標登録!新型EVスポーツの可能性も

2017年にはCEOが前向きな発言

ランサーエボリューションの歴代モデル

2017年6月、東京都内で開催された三菱自動車の株主総会にて、益子修CEOが「ランサーエボリューションの新規開発については前向きに検討したい」と発言しています。

ただ、益子修CEOは続けて「業績が回復し、余裕が出てきた場合にはぜひ挑戦したい」としており、ランサーエボリューションの復活には、三菱の業績回復が必要不可欠であると言えるでしょう。

以降はランサーエボリューションに関する発言はなく、現段階で復活における確定情報はありません。

トヨタ新型セリカ復活なるか!スペックや価格と発売日など徹底予想

SUVとして復活する可能性も

三菱 eエボリューション(2017年)
三菱 eエボリューション(2017年)
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル