top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

斎藤ちはるアナが愛するNFL。スポーツ観戦力は両親の英才教育の賜物

web Sportiva

斎藤ちはるアナウンサー インタビュー 
-Relationship with SPORTS-
第1回 NFL編

「子どもの頃から常にスポーツがそばにありました」と語るテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー。人気アイドルグループ・乃木坂46の元メンバーでもある斎藤アナウンサーに、好きなスポーツやアスリート、自身のスポーツ経験などについてうかがうインタビュー(全3回)。第1回は斎藤アナウンサーが子どもの頃から愛するNFLの魅力についてお話いただきました。


両親の影響で幼少期からアメフトを愛する斎藤さん


―― スポーツ観戦が趣味とうかがいました。特に好きなスポーツはありますか?

斎藤ちはる(以下、斎藤) アメリカンフットボールです! 父が選手(斎藤伸明/BARBARIAN)ということもあって、物心がつく前からアメフトがいつも身近にありました。でも、ルールやポジションがわかりはじめたのは中学生くらいからですね。母が大学時代にアメフト部のマネージャーだったので、母からルールやポジションなどを教えてもらいながら、徐々に覚えていきました。

―― お父さまは今も現役選手として活躍されているんですよね。

斎藤 プレーイングマネージャー(選手兼コーチ)という形で続けています。昔は「自分がプレーしている姿が子どもたちの記憶に残るまで続けたい」と言っていたそうですが、結局50歳を超えた今も現役です(笑)。無理せず、父が納得いくまで続けてほしいと思っています。

―― そうした”アメフト一家”で育ったことで、斎藤さんご自身もアメフトの魅力に引き込まれていったと。

斎藤 そうですね。アメフトは、体がぶつかり合う迫力も見どころですが、何より「頭脳戦」なんです。一つひとつのプレーが、すべて計算されているといいますか。奥深い戦術や、一つひとつのプレーの意味に考えを巡らせることができるのも、アメフトの魅力だと思います。

 もちろん、戦術に詳しくなくても、十分楽しめます。私もまだまだアメフトについて知らないことが多いですし……。それでも、美しいパスが決まった瞬間やフェイントで相手を抜き去る姿、タッチダウンを決めた時の興奮は格別です!

―― パワーとスピードを楽しむだけでなく、観戦しながら”考えられる”スポーツでもあるんですね。

斎藤 アメフトは本当に多様な選手が活躍できる競技だと思います。屈強な選手たちばかりのイメージがあるかもしれませんが、比較的小柄で俊敏な選手がボールキャッチのスペシャリストとしてワイドレシーバー(WR)で活躍していたり。各選手が自分の武器を駆使してプレーするところも、見ていて楽しいポイントですね。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル