top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「世界 本の日」=4/23に公開される『ブックセラーズ』監督から日本の観客へメッセージ到着!本を愛する協力者、本の日、猫、神保町についてコメントー

cinefil

日本の本好きに大きな注目を浴びているドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』が、「世界 本の日」である今週4月23日(金)より、 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK 吉祥寺ほか全国順次公開。この度、公開を間近に控え、NY 在住の D・W・ヤング監督からの最新インタビューが到着しました。

製作総指揮&ナレーションの女優パーカー・ポージー、
映画のガイド役になる作家のフラン・レボウィッツが協力してくれた理由は……
“「世界 本の日」に公開されるなんて素晴らしい。いつか必ず神保町に行くよ!”
(D・W・ヤング監督)

世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から“本を探し、本を売り、本を愛する”ブックセラーの世界を紐解く映画『ブックセラーズ』が、いよいよ今週末4/23 (金)より公開となる。今回、ZOOMでインタビューに答えたのはニューヨーク在住のD・W・ヤング監督。ウディ・アレンやハル・ハートリーの映画に欠かせない “インディペンデント映画の女王”と呼ばれていた女優パーカー・ポージーや、M・スコセッ シのNetflix新作ドキュメンタリーでも有名になった作家フラン・レボウィッツが映画に関わった理由、日本の神保町のことや日本版ポスターに登場する猫のことなどを話してくれた。

この映画を作るきっかけは?

「ブックセラーであり映画プロデューサーでもあるダン・ウェックスラーから、“ブックフェアに集まるブックセラーと本の映画を作らな いか”と話があったんです。僕は若い頃に作家を目指していて、今も本好きで書店が大好きで、ブックフェアにも行っていたので素晴らしいと思いました。また、叔父と叔母が本屋をやっていたという個人的な思い出もあって、この映画は絶対やるべきだと思ったんです」。

D ・W・ヤング監督撮影シーン
© Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

広告の後にも続きます

登場するブックセラーたちが素晴らしいですね。
「ブックセラーたちは“良き変人(GOOD WEIRED)”ですからね(笑)。誰もが変わり者だけど聡明で素晴らしい人物たちなので、あまりに学ぶことが多くて完成まで丸3年かかってしまいました。でも映画監督としては、彼らだけでなく、本そのものがとてもヴァラエティに富んだ視覚的な存在だということにも大きな魅力を感じました」

%%映画に登場する名著の数々–%%{blue}

ビル・ゲイツによって史上最高額の 2800 万ドル(約 28 億円超え)で競り落とされた本「レオナルド・ダ・ヴィンチのレスター手稿」
© Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

「若草物語」のオルコットの書籍。オルコットが偽名で書いたパルプ小説など
© Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

不思議の国のアリスの手稿
© Copyright 2019 Blackletter Films LLC All Rights Reserved

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル