top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

職業に貴賤なし! 挫折と転職を繰り返す「ろくでなしのオヤジ」が探偵に?

BOOKウォッチ

わたし、探偵になっちゃいました(幻冬舎メディアコンサルティング 発行、幻冬舎 発売)<amazonで購入>

 「どこから始めたらいいのだろう? どこかの誰かの、本当に不思議なお話を」――。

 オーサキ・コーさんの著書『わたし、探偵になっちゃいました』(幻冬舎メディアコンサルティング 発行、幻冬舎 発売)は、主人公の「私」が挫折を繰り返し、「捕鳥」「警備員」「探偵」と転職を繰り返す「スーパー破天荒な人生の物語」。

 オーサキさんは昨年、探偵事務所を設立している。主人公の「私」とは、オーサキさん自身なのだ。本書は、著者の実体験を大いに盛り込んだ「実話を元にしたフィクション」となっている。

 「これは、ちょっとだけ平凡をはみ出した男の、実話のような作り話」

「私」の半生

 「ちょっとだけ平凡をはみ出した男」の「私」が、序章で自身の半生を振り返る。

 もともと「元気が良すぎる子供」だった。ガマガエルを箱にぎゅうぎゅうに詰めたまま置き去りにして全滅させたり、線路に石を置いて「スタンド・バイ・ミー」のように次の駅まで線路の上を走り抜けたり……。

広告の後にも続きます

 母はそんな「私」を「小さい体で一番一生懸命走っている」と評してくれた。そして高校生になり、大学生にもなった。しかし、ここでドロップアウト。

 旅に明け暮れ、インド音楽にはまり、牧場で働き、その頃にはもう四児の父親になっていた。「北海道で牧場をただで借りられる」といううまい話にまんまと騙され、一番上の子供はもう大学生だというのに、五、六回転職をした。

 たしかに、なかなかの破天荒ぶりである。ここで大江健三郎さんの「人は生きている間に一度は本を書きたくなる」という言葉を紹介し、「私」つまりオーサキさんが本書を執筆した動機を書いている。

 「誰しも実は、物語みたいな日常を生きている。(中略)まあまあ、書いてみよう。自分の生きる小さな日常を少しだけはみ出してみた、どこかの誰かを描いた、面白おかしい私の作り話を」

「捕鳥」「警備員」「探偵」

 謎の求人、鶏舎での「捕鳥」。警備会社での孤軍奮闘、仲間との絆、裏切り、そして決別。「ろくでなしのオヤジ」は、なぜ「探偵」になったのか――。

 本書のタイトルを見て「私」が「探偵」になってからの物語を想像したが、「捕鳥」~「警備員」時代の凄まじい人間模様や「探偵」に行き着いた経緯にスポットを当て、「私」の流浪の人生をありありと描いている。

■目次
 序章  子供返りしたオジサン
 第一章 熱き血潮の海陸魂!捕鳥の王 聖帝サウザーとの出会い
 第二章 燃えよ誘導棒、魂の章!
 第三章 燃え過ぎたジュウザ、フライングマニュアル通用門事件!
 第四章 宣戦布告のちコケオドシ。さらばえーけーびー!
 終章  探偵として駆け出す前に

 ちなみに、同僚の実名を出すのはまずいということで、登場人物の名前は漫画『北斗の拳 イチゴ味』のキャラクターから借りている。「サウザー」「ジュウザ」など、この漫画を知らない読者は誰が誰だか若干混乱するかもしれない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル