top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田辺工vs紀北農芸

高校野球ドットコム

田辺工が紀北農芸を振り切る

3安打4打点の活躍を見せた横畑太洋(田辺工)

 田辺工が大量16点を奪い、紀北農芸を7回コールドで退けた。

 田辺工は2回表一死満塁から9番・赤城涼介(3年)の中犠飛で1点を先制すると、3回表にも二死一、三塁から7番・山本悠翔(2年)の右前適時打で追加点を挙げる。その後も制球に苦しむ紀北農芸投手陣に付け込み、5回表を終えて7対1と試合を優位に進めた。

 対する紀北農芸は2点を追う3回裏に3番・下垣耶稀(2年)のスクイズで1点を返すと、6点を5回裏には打線が繋がり、3点差とすると、二死満塁から9番・ハムリン景佑(1年)がレフトの頭上を越える3点適時三塁打を放ち、同点に追いついた。

 6点差を追いつかれた田辺工だが、6回表に無死満塁から2番・那須祐斗(2年)の内野ゴロの間に勝ち越し点を奪うと、その後も打線が繋がり、再び大量リードを奪うことに成功。16対8で田辺工が7回コールド勝ちを収めた。

 昨秋は慶風との連合チームで戦っていた紀北農芸は3年生3名、2年生5名、1年生2名の計10名の少人数ながら一時は6点差を追いつく健闘ぶりを見せた。脇田純平監督によると、この日ベンチ入りした2名以外にも新入生が数名入部する予定で、今年は秋も単独で出場できる目途が立っているという。

広告の後にも続きます

 「成功体験がたくさんこの子たちにはあった」と脇田監督が話すように敗れた中でも随所に良いプレーを見せていた紀北農芸の選手たち。与四死球13という数字を改善することができれば、勝つチャンスが見えてくるだろう。

 田辺工は追いつかれても慌てることなく、後半に得点を積み重ねられた点は高く評価できるだろう。「公式戦は何が起こるかわからないということを勉強してくれたと思います」(稲垣友輔監督)と5回に追いつかれたのも良い経験になったはず。この試合を勝ち切れたことを今後の戦いに繋げてほしい。

(取材=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル