top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和歌山南陵vs桐蔭

高校野球ドットコム

2ケタ得点を奪った和歌山南陵が桐蔭を下す

和歌山南陵のエース・神之田奏太

 10得点の猛攻を見せた和歌山南陵が桐蔭を逆転で下した。

 和歌山南陵の先発は背番号1のの神之田奏太(3年)。右横手投げから左打者のインコースに食い込むストレートとスライダーが軸で、昨年のエースである浜 新之介(現・大阪経済大)とよく似ている投手だ。

 桐蔭は1回裏、1番の木村匡佑(3年)が三塁打で出塁すると、一死から3番・有本建亮(2年)の中犠飛で1点を先制する。さらに2回裏には二死一、二塁から木村の中前適時打で1点を追加。序盤は桐蔭が主導権を握った。

 対する和歌山南陵は桐蔭の先発・寺田祐太(2年)を2巡目に入って捉え始める。3回表に連打と犠打で一死二、三塁とし、3番・木村 泰一(3年)の左前2点適時打で逆転に成功。続く4番・緒方健心(3年)も二塁打を放って再び二、三塁とすると、5番・平井友基(3年)も中前2点適時打を放ち、追加点を挙げる。和歌山南陵は4回と5回にも追加点を奪い、完全に主導権を握った。

 一気に試合を決めたい和歌山南陵は7回表に途中出場の松下快(3年)の適時三塁打や7番・小栁 翔空(3年)のスクイズなどで3点を追加。点差を7点に広げ、コールドペースに持ち込んだ。

広告の後にも続きます

 何とか意地を見せたい桐蔭は無死二塁から4番・高野東我(2年)の適時二塁打でコールド負けを回避すると、続く5番・松田渉吾(3年)もレフト線に適時二塁打を放ち、5点差に詰め寄った。

 しかし、桐蔭の反撃もここまで。今日の神之田は「コントロールにバラつきがあった」(林宣男監督)と7四死球を出すなど本調子ではなかったが、要所で粘りを見せ、完投勝利を収めた。守備も遊撃手の村田 寛知(3年)を中心によく鍛えられており、攻守にまとまりを感じさせるチームだった。

 和歌山南陵は元プロの岡本哲司前監督が家庭の事情で昨年10月に退き、それまで総監督を務めていた林監督が指揮を執っている。1978年春に吉備(現・有田中央)を甲子園に導いた実績を持つベテラン指導者の下で、これからどんな戦いを見せていくのかに注目したい。

 敗れた桐蔭は同校OBの矢野健太郎監督が4月に就任したばかり。チーム状況を完全に把握できないまま挑んだ公式戦初采配はほろ苦い結果となった。前任の南部では2018年秋に近畿大会出場を果たしている31歳の若き指揮官は「バッテリー中心に鍛え直したい」と夏に向けて巻き返しを誓っていた。

(取材=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル