top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村獅童 新居は総額4億円!着工でみえた秘密の地下室の存在

女性自身

東京都内にある約200平米の広大な土地。そこに、白い囲いが張られていた。実は5月中旬からこの地で、中村獅童(45)の新居の工事が始まっていたのだ。

 

ここにはもともと獅童の生家があったが、昨年春に更地化して新居建設が進められるはずだった。しかし昨年5月、獅童に初期の肺腺がんが発覚。手術を行い、11月まで休業することとなった。そのため工事が1年遅れていたが、ようやく着工したようだ。

 

一部では土地と建物を合わせて2億円とも報じられていた新居。だが今回見えてきたのは、その額をさらに上回る豪華さだった。

広告の後にも続きます

 

「地上3階の400平米を超える大きさです。プライバシーに配慮した中庭を構え、リビングも防音に。総工費は2億5千万円近くになるでしょう。土地自体も約200平米で1億5千万円ほどの価値があるため、合計4億円の大豪邸になりそうです」(建築関係者)

 

15年に結婚した妻・沙織さん(34)との間には昨年12月に陽喜くんが誕生。そんな家族の新居に獅童は特別なオーダーをしていた。400平米のうち約80平米を占める、地下室だ。

 

「地下室は音楽の練習や歌舞伎の稽古もできる大空間になると聞きました。獅童さんはここで、陽喜くんに目いっぱい歌舞伎の練習をさせたいと考えているのではないでしょうか。中村獅童の名前が続くことは、母・陽子さんの願いでもありましたから」(歌舞伎関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル