top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「週刊東洋経済」は「不動産投資 天国と地獄」を特集 「週刊ダイヤモンド」はコロナ禍の中高一貫校(1)【ビジネス誌 読み比べ】

J-CAST会社ウォッチ

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスマンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。

「週刊東洋経済」(2021年4月24日号)の特集は、「不動産投資 天国と地獄」。コロナ禍でも、家計の「カネ余り」を背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がないという。特集は優勝劣敗の分岐点に迫っている。

コロナ禍が人の流れを変えた

不動産投資家には典型的な3つのタイプがある、と切り出している。

(1) 資産運用タイプ 表面利回り年4~5%の物件を狙い、将来は売却。20~30代が中心
(2) リスクヘッジタイプ 区分マンションなどを複数戸保有。将来の年金不足に備える50代
(3) 節税タイプ 木造アパート1棟投資などをして節税。主に60代以上

若い初心者が増えているのが特徴だ。


「週刊東洋経済」(2021年4月24日号)

東京都心部への人口流入が鈍化し、単身者向けワンルームや1Kタイプの需要に変化が出ている。2021年に入ってからも、東京都全体では転出超過の傾向が続く。23区の賃貸マンションの家賃水準推移のグラフを見ると、50~70平方メートルの物件では11万5000円台で横バイだが、それ以下の広さでは若干下落している。

広告の後にも続きます

「出張需要や訪日外国人客の縮小を受けて、ウィークリー・マンスリーマンション業者の撤退が増えている。撤退後の住戸を通常の賃貸住宅として募集した結果、都心部の賃貸住宅が供給過多になった」という仲介業者の声を紹介している。

パート2では、アパート投資で勝つ方法、サブリースを解約できないというまさかの盲点などを取り上げ、サブリース被害対策弁護団長の三浦直樹弁護士は、こう語っている。

「サブリース業者に言われるとおり賃料の減額に応じるオーナーが少なくない。それはまさに消費者のような契約弱者のオーナーが、情報量や交渉力の格差に付け込まれた形だ」

オーナーやサブリース元会社員の座談会では、相場の3倍超の修繕費用、賃料は協議できない実態、収支計画はウソだらけなどの「落とし穴」が指摘されている。

さらに、パート3「不動産投資の極意」では、「利回りだけを見ていてはダメ 借金を使いこなせ」「すご腕投資家に学ぶ 不動産投資の勘所」「AIで10年後を予測 資産価値が『落ちやすい駅』『落ちにくい駅』」などの記事も。

本業での収入の増加があまり望めない今、新規に不動産投資を始める人が増えているそうだが、その「落とし穴」にも注意したいものだ。

東芝の車谷暢昭社長の電撃辞任

先週、話題になった経済ニュースと言えば、東芝の車谷暢昭社長兼CEOが4月14日、突然辞任したことだろう。「週刊東洋経済」は、今号のトップインタビューで車谷氏を直撃している。3月31日の取材なので、車谷氏は「3年で再建は完了した。インフラサービスで成長したい」と抱負を語っているが、なんともバツの悪いタイミングで登場したものだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル