top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車のイグナイターとは?寿命と交換の目安と点検・故障診断方法

MOBY

車におけるイグナイターとは?

イグナイター
©kuchina/stock.adobe.com

イグナイターとは、点火装置全般を表す名称のことを言いますが、車・バイクにおけるイグナイターは「エンジンの点火システムの制御」を担う電気回路部品のことを言います。

イグナイターの役割は、以下のとおりスイッチのようなものになります。(フルトランジスタ方式と呼ばれます)

  1. エンジンのコンピュータ(ECU)からの命令を受け、イグニッションコイルの一次側に電流を流す
  2. 直後、再びのECUからの命令で流していた電流を切る

イグナイターは、基本的にはエンジンの1気筒毎に設置されており、イグニッションコイルとセットであったり、独立している場合もあります。

イグナイターの役割の重要性について、これだけだとわかりづらいかもしれません。そこで、簡単にエンジン点火の仕組みについて説明したいと思います。

知っておきたい自動車の基礎知識!車のエンジンルームの仕組みを解説

イグナイターとCDIの違い

イグナイターは、CDI(キャパシター・ディスチャージド・イグニッション)と同じ言葉として使われることもあるようが、CDIはイグナイターとは別の装置になります。

広告の後にも続きます

簡単に説明すると、イグナイターの1つにCDIがあるというイメージです。

  • イグナイター…イグニッションコイルへの一次電圧をトランジスタによって制御する点火装置
  • CDI…コンデンサーからの放電を利用した電子制御式点火装置(コンデンサー式点火装置)

CDIは、小電力で機能するので非常に効率的です。そのため、以前は草刈機や一部の自動車のほか、小型オートバイにも使用されていました。

しかし、排ガス規制の観点や燃費が悪いことから、市販車に採用されることはなくなってきています。

エンジンのバルブとは?ツインカム(DOHC)と深い関係が!構造や特性のまとめ

エンジン点火の仕組み

エンジンの点火
©Pathompong/stock.adobe.com

ガソリンエンジンは、シリンダー内で圧縮された混合気が、点火プラグ(スパークプラグ)から電気的に発生する火花によって、適切なタイミングで点火されることで動き出します。

ここでの、点火プラグに電圧を供給する部品がイグニッションコイルで、そこで高電圧を発生させる部品が、イグナイターということになります。

フルトランジスタ方式においては、流した電流を遮断することで、遮断と同時に消えたコイル周りの磁界を維持するために、もともとの電流より大幅に高い電圧の電流が流れるのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル