top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

介護で大切な家族を憎む前に――。認知症が怖くなくなる本

BOOKウォッチ

ボケ日和(かんき出版)<amazonで購入>

超高齢化が進む日本では、認知症は身近な病気だ。自分がかかる以外にも、介護する側として関わることも考えられる。いざ、その時がやってきたときのための本を紹介する。

2021年4月21日、『ボケ日和―わが家に認知症がやって来た!どうする?どうなる?』(かんき出版)が発売される。


いま、多くの人が「自分がボケるかもしれない」「親がボケたらどうしよう」という恐怖を抱えている。しかし、認知症専門医の著者・長谷川嘉哉さんいわく、「怖い」と思うのは、認知症のことをほとんど知らないからだという。「認知症がどんな病気かを知っていれば、介護はけっこうなんとかなる」と、予備知識さえしっかり持っていれば、それほど恐れることはないと説く。

画像は著者の長谷川嘉哉さん

本書では、認知症の進行段階を「春」「夏」「秋」「冬」の4つの章に区切って、「そのとき何が起こるのか?」「どうすれば良いのか?」を多数の患者さんのエピソードを交えながら読みやすいエッセイとして記した。


『大家さんと僕』の矢部太郎さんによるイラストも、心をほっこりさせてくれる。


広告の後にも続きます

本書の内容を少し紹介しよう。

家族から認知症を疑われ、長谷川さんのクリニックを受診した患者の中に「早期認知障害」の人がいたという。早期認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)とは、認知症の一歩手前のことだ。日常生活に支障が出るほどではないものの、認知機能が低下している状態のことを指す。

MCIの約4割の人はこの状態でとどまる。しかし、放っておくと5年以内にだいたい5割が認知症に進むという報告もある。このことから、MCIの人を「認知症予備軍」と呼ぶ場合もある。65歳以上のMCIの患者の数は、日本では約400万人。実に6人に1人という高い割合だ 。

MCIの患者の特徴をひと言で表すと「ちょっと変」。「すごく変」ではないところがポイントだ。これまでどおり家事や仕事はこなせるし、難しい本や新聞を読むこともできる。でも、家族からすると、「あれ?」ということが増えてくる。

MCIの症状には次のような特徴がある。

● 待つことが難しくなってくる
● ものの置き場所やしまい場所をやたらと忘れてしまう
● 衝動を抑えるのが苦手になる
● 自分の好き勝手なふるまいをする
● 思い通りにならないとイライラして怒りだす
● 「知らない」「聞いてない」とよく言う

このように些細な症状だが自制がきかなくなり、周囲のひんしゅくを買ってしまう。認知症というと高齢者のイメージだが、MCIによる前頭葉の衰えは早い人では50代を過ぎたころから見られるようになる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル