top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

RENAが明かす引退発言の真実。結婚、WWEなどその後の考えも明かした

web Sportiva

 2020年9月27日、さいたまスーパーアリーナで開催された『Yogibo presents RIZIN.24』。富松恵美を判定で下したRENAは、試合後のリングでこう叫んだ。

「楽しい、つらい時期を過ごしたRIZINですが、あと2、3試合でこのリングから降りようかなと思っています。RENA最終章、もう少し頑張りますので、応援よろしくお願いします」

 これまで道なき道を切り開き、女子格闘技界を牽引してきたRENA。今年の6月に30歳を迎える彼女は、どのようにして自身の格闘人生に幕を下ろそうとしているのか。そして、ひとりの女性としてどのような未来を描こうとしているのか。リングを降りる日を見据えた格闘家・RENAの視線の先に迫った。


引退とその後の人生について語った女子格闘家のRENA

【無我夢中で駆け抜けてきた格闘技人生】

――小学生の頃、「いつかお姉ちゃんたちをシバいたる」という思いで格闘技を始められたと聞いたことがあるのですが、そこから”ハマった”きっかけは何だったんですか?

「小学生6年生の時にシュートボクシング(SB)のジムに入り、基本的な技術を教えてもらいました。そのあと、実践形式の練習をしたのですが、パンチやキックを繰り出しても相手役の先生に一度も当たらなかったんです。それが悔しくて、でも、楽しくて。それからは年齢を重ねるにつれて、攻防の技術が面白く感じるようになっていきました」

――RENAさんは16歳でプロデビューしていますが、プロを意識したのはいつ頃ですか?

「最初は『何が何でもプロになりたい!』という感じではありませんでした。当時は女子の格闘家が少なく、対戦相手を探すのも難しい時代で、中学生の頃は大会も『一般の部』に出場していたんです。それでも、負けることはなかったですね。すると、周囲から『プロになったらどうだ?』と言われるようになり、自然とプロを目指すようになりました」

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル