top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SLOW CIRCUS PROJECTが『T∞KY∞(トーキョー)~虫のいい話~』をいよいよ上演〜「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭」〜

SPICE


SLOW CIRCUS PROJECTは、SLOW LABELから発足した日本初のソーシャルサーカスカンパニー。2017年からシルク・ドゥ・ソレイユのサポートを受け、世界各地のソーシャルサーカスを実践する団体と連携しながら、障がいのある人とのパフォーマンス創作、ワークショップなどに取り組んでいる。『T∞KY∞ ~虫のいい話~』は、パフォーミングアーツを通じて障がい・性・世代・言語・国籍などを超えて、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭」(日本財団主催)にて製作、2020年に公演を行う予定だった。コロナ禍で封印されていた作品が満を持して登場する。SLOW CIRCUS PROJECTのディレクターで演出を務める金井ケイスケ、同じくSLOW CIRCUS PROJECTのメンバーであり、絵本作家としても活躍している「くるくるシルク」のトッチ(高橋徹)、シルク・ドゥ・ソレイユのエアリアル部門にて日本人初の登録キャストとなったHiROKO(桧山宏子)に話を聞いた。


撮影:冨田了平/提供:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS



――演出の金井さんからうかがいます。稽古はどんなふうに進んでいらっしゃいますか。

金井 今までずっと屋内で個別に稽古をしていたのですが、感染症対策として風通しが良い半野外の新豊洲Brilliaランニングスタジアムに場所を移し、出演者全員で本番の野外劇場に近い環境で最終稽古に入っています。作品の全体像も見えてきたところです。

――金井さんは演出とのことですが、役割としてはどんなことをされているのでしょう?

広告の後にも続きます

金井 作品づくりはクリエイティブ・プロデューサーの栗栖良依さんとどんなことをやろうか相談し、僕らが感じているサーカスの魅力と個性豊かな仲間たちを一つのストーリー、一貫したテーマの中で表現したいということで始まりました。劇団子供鉅人の益山貴司さんに、未来の共生社会を描くにはどんな世界がいいだろうかと一緒に考えていただき、虫の世界という設定になりました。僕は演出とは言え一人の思考で導いていくような役割ではありません。虫の世界だったらこういう技を入れたらこう見えるかなとか、アイデアを出しながら整理していくポジションです。以前からそうですが、僕らはみんなで作品をつくることが柱になっていて、栗栖さん、益山さん、出演しているメンバー、関わっているスタッフみんながある意味では演出家でもあるんです。


金井ケイスケ 撮影:冨田了平/提供:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル