top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「Clubhouse」の大熱狂はどこへ…凋落の原因は「“話したがりおじさん”の増加」と専門家

SmartFLASH

イメージ

 

 アメリカで2020年4月に誕生し、同年末から2021年3月ごろまで話題を席巻した、音声SNSアプリサービス「Clubhouse(クラブハウス)」。現在、往時の勢いは見る影もなく、「時間が食われすぎる」「日本上陸は失敗に終わった」といった意見も少なくない。

 

 同サービスについて本誌に2月上旬、「ハマってしまって、睡眠不足で疲れています(笑)」と、自らの体験を交えた分析を寄せてくれたITジャーナリストの三上洋氏が、ブーム沈静化の原因について、こう語る。

広告の後にも続きます

 

 

「クラブハウスは、それまでにない画期的なサービスでした。そのために有名人がドッと使い、マスも含めてメディアが大きく紹介しましたよね。同様のインターネットサービスで、ここまでメディアが騒いだのは、かつてないことだったと思います。

 

 たとえば『ポケモンGO』は、現実とゲームが連動していた機能の新しさが取り上げられましたが、クラブハウスはそれをはるかに上回る報道過熱状態でした。メディアの熱が冷めるとともに、ユーザーも冷めていったというのが、いちばんの理由だと考えています。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル