top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

綾羽vs近江兄弟社

高校野球ドットコム

シード校・綾羽が近江兄弟社を圧倒

1回表に犠飛を放つ金城颯把(綾羽)

 有力私学同士の一戦はまさかのコールドゲームとなった。

 昨秋4強の綾羽は序盤から優位に試合を進める。1回表に1番・中島陸尊(3年)が中前安打で出塁すると、2番・上村匠(3年)がライト線に適時三塁打を放ち、1点を先制する。さらに3番・金城颯把(3年)の右犠飛で上村が生還。幸先よく初回から2点を奪った。

 一方の近江兄弟社もその裏、四球と安打で一死一、三塁のチャンスを作る。ここで4番・水野賢人(2年)は三振に倒れたが、その球がバッテリーミスとなり、三塁走者が生還。ラッキーな形で1点を返した。

 それでも綾羽の勢いは止まらない。3回表に一死二塁から上村の適時打で追加点を挙げると、4回表にも8番・中原果也(3年)と9番・北出大貴(2年)の適時打で2点を加える。

 綾羽はその後も着実に得点を加えて近江兄弟社を突き放すと、遠藤匠真、渡部来輝、野村亮輔と3人の2年生右腕による継投で相手の反撃を封じる。守りでも投手陣を助ける好プレーが目立ち、8回コールドで近江兄弟社を退けた。

広告の後にも続きます

 エースの矢野航成(3年)を温存しながら盤石の試合運びを見せた綾羽。丁寧にコースを突く投球が持ち味の遠藤、渡部、球威のあるストレートが武器の野村とまずまず試合を作れる投手が3人も現れたのは好材料だ。野手陣も昨秋はレギュラーに定着できなかった上村が3安打2打点の活躍を見せるなど、着実に選手層が厚くなっている。上位から下位までバットが振れる選手が揃っており、打力は県内でも有数のレベルであることは間違いない。

 近年は甲子園まであと一歩のところで敗れ続けている綾羽だが、今年は甲子園を現実的に狙えるチームを作れているのではないだろうか。

 敗れた近江兄弟社は3回以降に失点を重ねて、流れを呼び込むことができなかった。夏に向けては投手力の強化が必要だろう。打線では4番の水野が2年生ながら力強いスイングを見せており、今後、県内屈指の強打者になれる素質はありそうだ。

 今大会は初戦敗退に終わったが、毎年のように上位に食い込むチームを作ってくる近江兄弟社。夏に向けての巻き返しに期待したい。

(取材=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル