top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

センバツ選手ランキング20は評価急上昇選手、意外な選手抜擢と乱高下あり

高校野球ドットコム

 10年ぶりの東海大相模の優勝で幕が閉じた第93回選抜甲子園。今回は大好評企画のランキング形式で選手を総括したい。活躍度、このランキングは選手の将来性など含めた順位としている。

20位 新川 俊介(具志川商)
八戸西戦、福岡大大濠戦と2試合で好投を見せ、さらに福岡大大濠戦で本塁打を記録。この投手の評価ポイントは技術の高さだ。
投球フォームを見ていくと、下半身主導で動いていきながら、テークバック、リリース、フィニッシュまでの動きが実にきれいで、打撃フォームも余計な反動を使って打つことはなく、癖がない。上背もあり、投手としても、野手としても大成できる可能性を持った逸材だ。

評価ポイント:投球フォーム、打撃フォームから溢れ出る野球センスの高さ

19位 前田 銀治(三島南)
今年出場した外野手の中ではスケールの大きさではナンバーワン。足も速くて、ベースランニングも軽快。スイングのメカニズムを見ても、ヘッドの重みを利かせた力強いスイングができており、技術的にしっかりしており、とてつもない選手が甲子園でデビューした。

評価ポイント:投げては143キロ、パワフルな打撃、俊足、大型外野手。評価急上昇!

広告の後にも続きます

18位 松浦 慶斗(大阪桐蔭)
松浦にとって悔しい選抜となった。本来であれば、この順位にいる投手ではないが、いずれにしても夏までにしっかりと力を蓄え、パワフルな松浦を見せてくれることを期待したい。
一歩ずつ、良いピッチングができれば、もともとポテンシャルは世代屈指な左腕なだけに、自ずと評価は上がる投手だろう。

評価ポイント:数少ない球威ある直球を投げる大型左腕 本来はここにいる投手ではない。夏こそ驚かせる投球を!

17位 瀬 千皓(天理)
1年時から公式戦で連発していたスラッガーは選抜甲子園では連日の活躍。速球、変化球をしっかりと弾き返し、勝負強い打撃を見せてくれた。これほど打撃の幅が広ければ、どの舞台でも台頭できる逸材だろう。あとは守備面の精度を高められるかに尽きる。

評価ポイント:打てる幅がとにかく広いこと

16位 池田 陵真(大阪桐蔭)
初戦敗退となったが、3安打としっかりとアピール。9回表、意地の三塁打。アグレッシブなプレースタイル、さらに総合力の高さは今年の高校生外野手ではトップクラス。技術力も高く、近年の大阪桐蔭でプロ入りした右打者と比較しても見劣りする点はないといえる。何より技術が高く、勝負強いので、順応できるスピードは早いといえる。

評価ポイント:打撃のポイントがとにかく広く、変化球、速球にも対応。さらにに勝負強い。



太田虎次朗(明豊)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル