top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バイデン米大統領は「五輪開催」をスルー 菅首相「海外に日本の恥をさらさないで」の声(1)

J-CAST会社ウォッチ

米国のバイデン大統領が初めて対面で首脳会談をする相手に選ばれたとあって、喜び勇んで米ワシントンに飛んだ菅義偉首相。「ヨッシー」「ジョー」と親しげに会談に臨んだが、肝心の東京五輪開催については「つれない態度」で袖にされた。

バイデン大統領を東京五輪に招待し、開催の機運を大いに高めることを目論んだのだが、

「ヨッシー、君の努力は認めるよ」

としか言ってもらえなかったのだ。いったい何があったのか?

「五輪開催、無責任では」ロイターの質問を無視

主要メディアの報道をまとめると、2021年4月17日未明(日本時間)に行われた、菅義偉首相とバイデン米大統領の共同記者会見の模様は、こんな案配だった。

記者会見に先立ち発表された共同声明では、今夏に行われる予定の東京五輪・パラリンピックについては、

「バイデン大統領は、今夏、安全・安心なオリンピック・パラリンピック競技大会を開催するための菅首相の努力を支持する」

広告の後にも続きます

と記されたものの、バイデン大統領が開催自体を支持するという明確な表現はなかった。そこで、記者団から東京五輪についての質問が相次いだ。

ロイター通信の記者が二つ質問した。バイデン大統領にイラン問題について聞いたのに合わせ、菅首相に対してはこう聞いた。

「公衆衛生の専門家たちが、日本は東京五輪を開催する準備ができていないと指摘しているなか、開催するのは無責任ではないですか?」

と質問したのだった。

バイデン大統領は、自らが回答した後に「あなたの番ですよ」とばかりに横にいる菅首相を見やった。菅首相はロイター通信の記者の問いかけに無視を決め込み、日本メディアへ質問を促した。バイデン大統領も無反応だった。指名を受けた日本側の記者が、

「バイデン大統領は米国選手団の派遣を約束したのか?」

と聞くと、菅首相は、

「(会談で東京五輪を)世界の団結の象徴として実現する決意を伝えた。大統領から改めて支持をいただいた」

と、かみ合わない回答。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル