top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ザ・ベストテン サザン、五木ひろし、田原俊彦だけが持つ記録

女性自身

今年デビュー40周年のサザンオールスターズ、39年目の田原俊彦、古希を迎えた五木ひろしだけが達成した『ザ・ベストテン』における大記録とは――。

 

29年半もの間“木曜夜9時”枠に君臨した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系。番組タイトルは時期によって異なる)が3月に終了し、1つの時代の移り変わりを実感させた。

 

それ以前の同時間帯は『ザ・ベストテン』(TBS系)の独壇場だった。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で『ザ・ベストテン』について取材し、歌手の“年別ランキング数”を出すなど詳細に分析した岡野誠氏が語る。

広告の後にも続きます

 

「『ザ・ベストテン』は78年の開始から久米宏が司会を降板する85年まで、年によって回数は異なれど、毎年視聴率30%を記録していました。その後、全盛期と比べれば数字が下がったとはいえ、リモコンが急速に普及していく中でも、相変わらずの高視聴率番組でした。88年10月に『とんねるずのみなさんのおかげです』が始まると、1ケタにまで落ち込み、翌年終了に追い込まれましたが、80年代という時代を彩る名番組でした」

 

『ザ・ベストテン』はランキングに嘘をつかないことで人気番組となった。逆に言えば、ベテラン、若手という芸能界の序列を取っ払い、世代交代を明確にした。『ザ・ベストテン』を見れば、歌謡界の流れが分かったのである。

 

80年にデビューした田原俊彦と近藤真彦は、郷ひろみ、西城秀樹からトップアイドルの座を奪い取る。81年の『ザ・ベストテン』ランクイン回数は田原45回、近藤48回、郷20回、西城18回と“たのきん”が“新御三家”の倍以上を記録した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル