top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「子供が泣くと、ヤンキー父が怒鳴って『ドン!』。まさか虐待?意を決して注意しに行くと…」(千葉県・20女性)

Jタウンネット

近所住民との間でトラブルの火種になりやすい騒音問題。

些細な音ならお互い様…、と思えるかもしれない。子どもがいる家庭であれば、なおさらだろう。

だが夜になってもうるさいと、文句の一つも言いたくなるもの。

今回紹介するのは、千葉県在住のR美さん(仮名、20代女性)が体験したご近所トラブルだ。

アパート1階で1人暮らし中の彼女。2階に引っ越してきた、ヤンキーのような風貌の男の怒鳴り声や、その子どもの泣き声に不気味さを感じていたという。

広告の後にも続きます

最初は我慢していたものの、夜22時以降もドタバタとうるさいため、管理会社に通報。ところが、効果はなかったという。

しかたがないのでR美子さんは思い切って直接苦情を言いに行ったのだが…。

「わかってる」からのインターフォン即切り

私はアパート1階の2LDKの部屋で、3年間ほど1人暮らしをしています。

1年位前、2階に4人家族が引っ越してきました。

親はオレンジの髪色の夫と、小太りな金髪の妻で年齢は20代後半といったところ。子供は娘2人で1人は小学生、もう1人は2~3歳くらいです。

子どもがいる家庭ですので、日中は足音やボールの弾む音、おもちゃが散らばる音など、結構な音が響きます。ですが、子どもがいる家庭ですので、耳を塞いで我慢してきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル